一生に一度の矯正治療|歯医者さん選び その方法で本当に大丈夫?【矯正歯科マップ】

歯の矯正の値段が高いのは保険が使えないからでしょう


よく、歯の矯正が高価なのは、保険が使えないからだと言われます。事実、歯科矯正は原則として自由診療で、全額自己負担です。

しかし、一部、外科的手術が必要な重度の顎関節症や先天性の形成障害の場合、保険診療の対象となるケースもありますが、指定の医療機関でないと認められません。というのも、日本の健康保険制度は、あくまでも病気治療に特化したもので、予防やQOLの向上をサポートするものではないからです。

とは言え、私たち人間の歯は、食物を咬むという生命維持には欠かせない重要な役割を担っています。そこで、欠損するとたちまち健康維持に支障を来す可能性が出て来る訳です。という事で、そのリスクを秘めた虫歯や歯周病は早期治療が大事でしょう。

また、歯が抜けたり、抜いたりした場合は、義歯を補充する事が望ましいという事で、こうした歯科治療には健康保険が適用出来る仕組みになっているのです。ただ、治療法や素材が厳しく限定されています。残念ながら、保険の歯はおせじにも丈夫とは言えず、中々快適なQOLを司ってくれるものではないようです。

そんな状態ですから、矯正治療に保険が使えないのは致し方ないと言えるでしょう。そのため、噛み合わせに問題がないのであれば、無理に歯列矯正などする必要はないという歯科医も少なくありません。

実際、上の歯もガタガタなら下の歯もガタガタという場合、間違いなく見た目は悪いです。けれど、案外上下の噛み合わせは良好だったりもします。そう、歯並びと噛み合わせは密接な関係を持ち、人々の健康維持に多大なる影響をもたらす可能性を秘めているものの、必ずしも歯並びが悪いから噛み合わせも悪いとは限っていないのです。歯並びが悪くても噛み合わせは問題なしという人は多く、その場合、無理に矯正する必要もなしという訳です。

しかしながら、元々人の歯は単に飲食のためだけにあるものではありません。発音や微笑みを司るという役割も担っています。となると、歯並びも重要。実際、歯並びが悪いために発音がおかしくなったり、笑うと人に不快感を与えてしまう事も十分あり得ます。

そして、それを気にするあまり、人前で話をする事や笑う事を控えるようになってしまう人も少なくないのです。こうなると、一つの大きなコンプレックスで、その人の人間性や人生すら左右するのです。

確かに、命に関わるような重病ではないとは言え、心はかなりの重傷でしょう。やはりコンプレックスを取り除き、前向きに歩くためにも、歯の矯正は必要不可欠な治療と言えます。ただ、それには多額の費用がかかると言うことで、興味はあっても中々思い切れない人が多いようです。そこで今回は、そんな歯の矯正の値段について考えてみたいと思います。

一生に一度の矯正治療|歯医者さん選び その方法で本当に大丈夫?【矯正歯科マップ】

歯の矯正は値段も重要だけど、どこでどんな治療を受けるかも大事でしょう


歯科矯正の治療費用が高価なのは、やはり保険が利かないという点が大きいでしょう。何しろ、公的な医療保険さえ使えれば、仮に90万円かかったとしても3割負担、30万円で済むのです。より多くの人が受けられ、コンプレックスを解消出来る事は間違いないと思われます。

けれど、今は歯列矯正にも様々な方法や器具があります。さらに、見た目を改善するだけなら、必ずしも上下全体を矯正しなければならないとも限っていません。上だけとか、下だけとか、前歯だけといった部分矯正でも大きく印象を変えられる事は多々あります。当然、それによって料金も違って来る訳で、まずはいろいろな矯正治療を知る事が重要です。そして、それが分かると、決して値段だけで手法や医療機関を選べないという事も分かるでしょう。

まず、歯列矯正と言えば、口の中を金属の装置が支配し、飲食がしにくい、歯磨きがしにくい、しゃべりにくい、見た目が悪いというのがオーソドックスなイメージかと思われます。しかも、それが1年以上、長くなれば3年くらい続くのです。実に不便で不快な治療期間を考えると、益々躊躇してしまいそうです。

確かに、日本では長年、メタル製の「ブラケット」と呼ばれる装置を歯の表面に装着し、針金ワイヤーで固定する「ワイヤー矯正」が主流でした。それは今でも変わっていません。ただ、今時のワイヤー矯正は、軽くて見た目の綺麗なセラミックやジルコニア、プラスチック製のブラケットが使えます。さらに、ワイヤーもホワイトコーティングする事が可能。それどころか、ワイヤーを固定しない「セルフライゲーションブラケット」という方法まで確立されて来ていて、少なくとも、見た目の悪さは容易に回避出来そうです。

そのため、昔ながらの仰々しい装置を使用するものをわざわざ「メタル矯正」や「金属矯正」と呼び、特に矯正専門の医院では、選択肢の一つにすぎなくなりました。それに対し、セラミックやジルコニア、プラスチック製のブラケットにホワイトワイヤーを使った目立たない矯正治療を「審美矯正」などと呼んでいます。

また、歯の裏面に危惧を取り付けるその名もズバリ「裏側矯正」やマウスピースを使った「インビザライン矯正」というのもあって、歯磨きしにくいやしゃべりにくいどころか、飲食しにくいという苦痛からも解放される事が可能となっているのです。ただし、条件のいい治療はお値段のいい治療という事になります。また、歯や歯茎、さらには顎の状態などにより、全ての治療が全ての患者に施せる訳ではありません。

加えてもう一つ、メタルワイヤー矯正は多くの歯科医院で取り扱っていますが、それ以外の治療法は難易度が高く、特にセルフライゲーションブラケットや裏からの施術は専門医でないと難しいでしょう。取り分け、セルフライゲーションブラケットとマウスピース矯正はアメリカ発症の矯正術で、日本は完全な後進国なのです。

確かに、本場アメリカでは今や歯科矯正と言えばセルフライゲーションブラケットかインビザライン、ハリウッドセレブたちもバンバン治療を受けていると言います。しかし、日本では将来の歯科医を育てる大学でも、殆どまだカリキュラムに組み込まれておらず、装置を販売する業者の研修などを受け、後は独学で勉強している医師が大半なのです。

ですので、歯科矯正は単に金額が安いというだけで方法や治療を受ける医療機関を決める訳には行きません。どこでどんな治療を受けるかは、部位やライフスタイル、そして、医師や医院の技量なども十分考慮して選定する必要があるでしょう。

一生に一度の矯正治療|歯医者さん選び その方法で本当に大丈夫?【矯正歯科マップ】

基本的な歯の矯正の値段はいくらくらいなんでしょう?


矯正歯科ではもちろん、自分に合った治療を受ける事が大事な事は言うまでもありません。とは言っても、やっぱり気になるのが治療費。それもまた、自分に適した治療かどうかを判断する上で欠かせない要素です。せめて、大まかでもいいから基本的な歯の矯正のお値段というのを知りたいというのが多くの方の本音でしょう。そこで、調べてみました。

一見高価に見える歯科矯正の費用ですが、その大半は装置料と歯科医の技術料です。そのため、ワイヤー矯正の場合、装置料のお安い昔ながらの金属ブラケットと針金を使ったメタルワイヤー矯正が最も安価という事になります。

ただし、同じメタルワイヤー矯正でも、高度な技術を必要とする裏側からの施術になると技術料が高くなるため、金額が一気にアップするという訳です。さらに、先進医療とも言えるセルフライゲーションブラケットやインビザラインは、全てにおいて高価な歯科治療です。

ただ、それぞれの治療費用が一体全体いくらくらいなのかについては、中々明確にする事が出来ません。非公開としている医院が大半です。なぜなら、患者個々の口内の状態によって必要となる処置が違って来る上、医師の技術料は言い値で計算するしかないからです。

とは言え、だいたいのお値段や参考症例をHPにアップしてくれている院はあります。なので、そちらを参考にワイヤー矯正と裏側矯正・マウスピース矯正、全体矯正と部分矯正、大人と子供の治療費を比較する事くらいなら出来そうです。

たとえば、都内のとある矯正専門歯科では、基本となる全体金属ワイヤー矯正の価格が70万。それを裏側からとなると100万円。マウスピース矯正では95万といったところでしょうか。これが前歯のみの部分矯正になると約6割。基本的な金属ワイヤー矯正で40万前後、裏側矯正で60万前後とみられます。

でも、よ~く考えてみて下さい。私たち人間の歯は成人で32本。そのうち4本が親知らずですから、これは矯正しようがないという事で除外すると、28本ある訳です。ただ、前歯はそのうちのたった8本ほど、3分の1にも満たないんですよね。それを考えると、部分矯正はやはり割高だと言えるでしょう。

さらに、子供の矯正費用も、この大人の料金と大差ありません。こちらの医院では、小学生の男の子が前歯のでこぼこを直した時の総額を約50万円と記録しています。高校生になり、ほぼ永久歯が生えそろった状態での全体矯正は大人と同額。中には、自分でバイトをして歯列矯正しようという立派な高校生や大学生もいますが、ママにとっては頭の痛い話です。

しかも、これら金額は、本格的な施術前後の費用が一切含まれていない数字。ついでに言うと、消費税も含んでいないものと思われます。ですので、実際には、これに診断料や検査料、アフターメンテナンスの費用などがプラスされ、それに消費税がかかる訳です。やはり考えるだけでぞっとするという感じです。

ただ、最近は装置料と医師の技術料に加え、治療開始から治療終了までの診断にかかる費用も全て含んだパックセット価格を設定している医院が目立ちます。これでも、皆さん横並びという訳には行きませんが、それでも、これなら、経過が思わしくなく、予定より治療期間が延びても安心です。さらに、支払い方法もいろいろありますので、興味があればまずは矯正歯科で相談してみる事が大事でしょう。

一生に一度の矯正治療|歯医者さん選び その方法で本当に大丈夫?【矯正歯科マップ】

歯の矯正の流れとお値段はこんな感じでしょうか


それでは、ここで改めて、歯科矯正の治療の流れとお値段を見てみましょう。ワイヤー矯正にしても、マウスピース矯正にしても、まずは歯科医師に相談。検査の結果、可能な治療法や最も適した治療法を選択するという流れは同じです。

という事で、矯正治療の第一歩は相談、初診にあたるもので、医療機関によってはカウンセリングと呼んでいるところもあります。そして、当然ですが、これだけでも費用はかかる訳です。いわゆる初診料。流石に話をするだけですので、何万円も取られる事はありませんが、それでも2,000円から6,000円は請求されそうです。

で、本格的に治療を受けるとなると検査に入ります。特に歯の矯正はとてもデリケートな医療で、精密検査なしには実行出来ません。高性能なレントゲン検査に加え、歯と歯茎の組織検査、上下の咬合検査なども必須です。そうして正しい診断ののちに、正しい矯正をする必要があります。そのため、ある程度の時間も掛かりお金も掛かるという事で、その平均金額は5万円前後です。

そして、いよいよ治療開始。ここで必要になるのが装置料と医師の技術料です。ただ、それぞれを個別に徴収するのではなく、一括で計算し、これぞ矯正治療費用というところが圧倒的多数。そのため、一段と高価になり、幅も出ます。表側からの金属ワイヤーによる部分矯正なら10万円台で収まる事もあるものの、審美矯正や裏側からの全体矯正となると100万円を超える事もありそうです。マウスピース矯正の場合も、全体となると50万円以上と見られます。

しかも、実際問題として、どんなに高級な矯正装置を装着していても、経過が思わしくなければ中々次のステップに進めず、治療終了にいたらない事も珍しくないのが歯科矯正。そうなると、受診回数が増え、都度、診察料がかかります。

さらに、歯科矯正の場合、装置やマウスピースが外れたからと言って、即座に治療終了とは行きません。せっかく綺麗に並んだ歯ですが、実は放置しておくと元に戻ってしまうのです。そこで、リテーナーという補助装置を付け、経過観察します。この期間が思いのほか長く、1年から2年かかる人もいる訳ですが、その間、定期的に受診する事による診察料もかかり、これが案外馬鹿にならなかったりもするでしょう。

ちなみに、リテーナーのお値段は5,000円から1万円。1回あたりの受診料は、矯正装置からリテーナーまで一貫して2,000円から5,000円程度かと思われます。という事で、こうした全ての諸費用をトータルすると、部分矯正でも50万円、全体矯正になると100万円以上と言われる訳です。

しかしながら、最初のカウンセリングの時点で大まかな治療方針は決められるものの、本格的な治療計画は検査の結果を見てという事になります。そこで、良心的な医院では無料カウンセリングの実施や相談から検査までを通して、初期費用はいくらという設定にしているところもありますので、興味はあるものの迷いもあるという方は、そういう歯科を利用されるといいでしょう。

一生に一度の矯正治療|歯医者さん選び その方法で本当に大丈夫?【矯正歯科マップ】

今時の歯の矯正のお値段と支払い方法はこんな感じでしょうか


歯の矯正は実に長丁場で、多額の費用がかかります。それは、大人でも子供でも、部分矯正でも全体矯正でも当てはまる事です。ただ、歯科矯正は治療自体に公的医療保険は適用されませんが、医療費としては認められているため、医療費控除を請ける事が出来ます。もし子や妻が治療すれば、扶養している親や夫の税金の一部が還付されるのです。

さらに、矯正治療やインプラント治療のような効果な歯科治療には、それに特化したローン商品もあります。その名もズバリ『デンタルローン』。金融会社によっては「デンタルクレジット」と呼んでいるところもありますが、かなりの低金利でローンを組む事が可能です。中には実質年率3.9%とか4.5%というところもあるので見逃せません。

実は今、大学生や社会人の間で歯の矯正が密かなブームになっているのですが、その大きな理由の一つに、このデンタルローンの普及があります。たとえば、年利4.5%で100万円を借り、7年で返済するとすると、月々の支払いは1万4,000円ほどです。これなら、バイト代の一部を充てるだけでも十分払えそうな額。社会人として働いている人なら楽勝という感じなのです。

しかも、ローン会社によっては、満18歳から利用出来るところがあったり、学生やフリーターでも保証人を立てればOKというところもあって、沢山の人が活用しています。また、親が子供の矯正費用を借入する事もしばしば。歯科医院で教えられたり、すすめられる事も多く、今、最もオーソドックスな支払い方法だと言っていいでしょう。

特に専門医や認定医のいる矯正歯科では、その傾向が目立ちます。自信を持って良質な医療を提供する代わりに、それなりの代金もいただきます。ただ、一括で支払うのは大変でしょうから、分割で支払えるようにローンもご用意していますという形です。

ちなみに、歯科矯正における認定医とは、「日本矯正歯科学会」の認定資格を持つ歯科医で、さらに、その認定医の中から選りすぐりの技術と知識を持つ歯科医が専門医。当然ですが、認定医や専門医になるには実績を積み重ねた上で試験に合格しなければなりません。

ですので、認定医や専門医のいる矯正歯科では、多くの矯正術を持ち、多くの患者に対応出来る体制が整っています。自分に最も適した治療法を選択出来る場である事は確かでしょう。おまけに、矯正装置のメーカーとも親しく、一般歯科よりもリーズナブルに先進治療を受けられるというメリットも持っています。

という事で、矯正はお値段超お高めの歯科治療ですが、少しでも無駄のない時間とお金の使い方をと考えるのであれば、デンタルローンを利用し、矯正専門の医院やクリニックで治療を受けるのが最良と言えそうです。

一生に一度の矯正治療|歯医者さん選び その方法で本当に大丈夫?【矯正歯科マップ】