インプラントの値段

インプラントは、「自由診療」です。虫歯の治療などとは違い、健康保険が適用されない自由診療になります。
ですので、歯科医院によって治療費はそれぞれ異なってしまいます。値段の安い歯科病院もありますが平均的な費用でいうと1本あたり約30万円~ということになるでしょう。

なぜ、インプラントの費用にばらつきがあるかというと、インプラント治療に使用する材料のメーカー、品質等によって大技術が低かったり、保証がなかったり、それにより、品質等によって大きく異なります。
安易に安さだけで歯科病院を決めてしまうのも、危険だということです。
今は、インターネットなどで歯科病院を検索できるので、医院や医師の信頼性、用の内訳について確認し初診相談時に確認することが重要です。

どうして30万円からなのか

歯を削ってブリッジ両隣の歯を削るので、合計 歯3本分の料金がかかります。
以前の被せ物は、インプラントが導入され始めた頃は1本10万円自由診療治療費の相場でした。
インプラント1本の治療費は、“10万円×3本分=30万円”という値段が算定されました。

さらに言ってしまうとインプラントは、器材や医学知識などの初期導入費用が高くインプラント治療は、患者さまを生涯診て行かないといけない治療です。

現在、入れ歯やブリッジの方がインプラントにされる場合

入れ歯やブリッジ総入れ歯のかたでも、今度歯のインプラントにしなければいけないのか心配される方もいるようです。

例えば、現在2ケ所をブリッジにしているが、計6本もインプラントにしなければいけないのか…などです。
その場合では全ての歯にインプラントを埋入しなくても、しっかり噛める治療があり比較的費用も抑えられます。

インプラント治療は保険外診療(自由診療)の医療費控除

インプラント治療は保険外診療(自由診療)となるため医療費控除なんて受けれないのでないかと考えている方もいるかと思います。
インプラント治療は高額な費用になるので、医療費控除のことは詳しく知っている便利です。
正しく手続きをすれば費用の一部が還付されます。

では、医療費控除の条件や手続き方法をご紹介していきます。
インプラント治療では支払った医療費が10万円を超える場合、一部の金額が戻ってくる医療費控除があります。

医療費控除とは

1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、納めた税金の一部が還付されます医療機関から受け取った領収書、通院の際にかかった経費の領収書など、どのいくら費用がかかったか申請するために領収書は大切にとっておくことが重要です。
税務署へ確定申告することで、その年の1月1日から12月31日までの間に支払った金額が10万円以上の医療費を支払った場合に、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。

その年に申告し忘れても、5年前までさかのぼって医療費控除を受けることができます。
※一般的に支出される水準を著しく超えると認められる特殊なものは、医療費控除の対象になりません。

インプラントに1年間に支払った医療費

インプラント治療にかかった費用、例えば、検査・診断料、インプラント体・被せ物の費用、手術・調整料などがあげられます。
ローンを利用した場合にも、契約成立日が対象となり医療費控除が受けれます。

ただし、医師・歯科医師より処方された、治療、通院のための交通費必要な医薬品のマイカーでのガソリン代や、駐車場代などの費用は対象外になるので注意しましょう。
親族の場合は、あればまとめて申告できます。さらに、単身赴任や一人暮らしのお子様などでも、医療費を併せることで控除が受けることができます。