デンタルローンと歯科治療の内容

デンタルローンとは、歯の治療のための目的ローンです。目的ローンとは住宅ローン、カーローンなどと同じです。

矯正治療、インプラント治療などのために使用するものです。保険外であり、高額になりがちの歯科治療のローンがデンタルローンです。

信販会社が多い

医療目的ローンでは、信販会社の商品になります。カードローンとは違い、目的ローンでは金利が低く、高額の借入ができるメリットがあります。

消費者金融、銀行ではなく信販会社による目的ローンの設定になります。その際に審査が当然ありますが、借入の金額にもよります。高額ほど厳しい審査になります。

商品もいろいろですが、信販会社のデンタルローンに関しては、ブラックリストは決して審査通過ができません。これだけは絶対的なことです。高額になってしまう、普通の虫歯治療ではない場合がほとんどです。

保険適用外の歯科治療

歯科矯正は、特別な器具を使って歯の位置を正常にするものです。幼児から大人まで治療対象になりますが、歯並びやかみ合わせを治すことで、不良だった体調が改善した方もいます。

幼児では、乳歯の時点で矯正の必要がある場合もあります。いずれにしても、長期間の治療が必要なものです。成人してからの矯正治療は時間がかかります。

インプラントは、失った歯を入れ歯の形ではなく、人工歯根を顎の骨に埋め込む形で、歯をつくる治療です。差し歯も入れ歯でもなく、外科手術を経て、歯根からの作りになります。高度な技術が必要であり、性質にもよりますが1本何十万円程度かかります。

審美歯科は外見の美を追求する治療で、主にホワイトニング、セラミック素材を使っての審美をしていくことになります。高価な治療では、1本20万円程度かかるとのことです。

いずれも100万円越え

単純に保険適用であれば3分の一程度になりますが、治療としては虫歯や歯槽膿漏を改善するようなことではありません。

治療しなくても体の異変が起こるものではありません。あえてきれいにしたい。ただし、すぐに高額の治療費用がかかることで、デンタルローンの利用を考える方も多いです。

300万円程度であれば、満足行く治療ができない場合もありますが、上記の治療ではそれぞれの治療費用が違います。歯科医院の関係もありますが、実際にはもっと高額になる場合もあります。100万円程度だとしても、キャッシュフローがない場合のデンタルローンの利用があると、検討したい方も多いでしょう。

歯科医院で、デンタルローンの取り扱いをしている場合もあります。普通の歯科医院ではなく審美歯科対応であれば、借入システムができている場合もあります。

デンタルローンの審査について

デンタルローンがあることで背中を押された方も多いことでしょう。普通の治療ではなく、高額な保険適用外の治療費用を言われたときに、すぐに高額支払いをするのではなく、デンタルローンが存在することで、思い切った治療に専念できることも多いです。

デンタルローンについて

高額治療に対して、クレジットの形で支払いをしていくことで、本当に行いたい治療を継続することができます。

信販会社の多くは、デンタルローンとして設定する際に、目的ローンとしての低金利の商品展開をしています。最近は、歯の治療でも高額な内容が多いです。審美歯科などでは、歯のホワイトニングを適切に行いたい。歯科矯正では、見た目だけではなく、健康維持に必要な方もいます。

子どもだけではなく、大人でも歯科矯正をすることで、体調改善されることもあります。こうした高額の治療を専門としている歯科医院では、保険適用外の治療ですが、信販会社のデンタルローンの利用で適切な治療ができることを推進しています。

ちなみに、歯科矯正もインプラントも1回の治療では完結しません。しばらくはメンテナンスが必要な治療であり、全て保険適用外になります。はっきり言って、実際の治療代だけではなく、その後のメンテナンス代も確保することが必要です。

300万円のデンタルローン

子どもの矯正治療だとしても決して高くない金額です。100万円以上は覚悟であり、しっかりとローンの必要性を検討しなくてはならないでしょう。

ローンに関しては、安定収入であることが必要です。カーローン同様に安定した収入の上で、完済ができる個人信用情報機関であることも要求されます。クレジットカードの審査に通らないとか、消費者金融の借入が多い段階では相手にならないことです。

デンタルローンの審査基準は比較的高いのですが、それは金額が高めになっていることがポイントです。もともと生命に関わるような治療ではなく、審美歯科、矯正治療、インプラント治療は、贅沢な部類の歯科治療です。そうした支払いに特化してデンタルローンに関しては、審査は厳しいと見て良いでしょう。

各信販会社のデンタルローンは審査基準が違うものの、個人信用情報機関で金融事故がないことが大原則です。治療に入る前に、だいたいの概算がでた時点でのデンタルローンの確認だけは必要でしょう。

高い費用のこうした治療代に関しては計画的な対応だけではなく、自らの個人信用情報機関の内容にも関係します。ちなみに、カードローン、消費者金融の借入よりもデンタルローンの金利は断然低めです。

デンタルローンはイオン関連会社で解決ってどういうこと?

イオンプロダクトファイナンスのデンタルローンは500万円以内の融資で、金利が3.9%です。

あのイオンのグループ会社

信販会社が取り扱うデンタルローンが多いですが、このイオンプロダクトファイナンスのデンタルローンはイオンの系列会社です。驚きの低金利設定ですが、提携歯科医院でなければ利用ができないようです。

検索をしてみると、全国対応ですが、ほんの一部の歯科医院の利用ができません。それではなかなか厳しいことですが、低金利のデンタルローンの魅力は大きいです。

イオン銀行のデンタルローン

ところが、イオングループのイオン銀行でもデンタルローンの取り扱いがあります。

銀行のデンタルローンについては、ネット銀行の一部が開始していますが、上記のイオンプロダクトファイナンスでは、提携歯科医院が決まっていますが、イオン銀行の方は、銀行の目的ローンとしての申込ができます。こちらは、歯の治療のことでは何にでも使用ができますが、金利は上限でも8.8%です。

イオンプロダクトファイナンスよりは高い金利ですが、上限融資額が700万円です。この金利では、銀行のフリーローンよりも低めであり、イオン銀行口座があれば利用価値は大きいでしょう。

基本的にネット銀行での利用であり、もちろん全国対応です。治療代に関しては、インプラントなどの保険適用外の場合はかなりの高額になります。不足分だけの借入も可能であり、普通のフリーローンでは高金利になりますが、デンタルローンとしての利用では、ずっと負担が少なくなります。

最初に確認したいこと

できればイオンプロダクトファイナンスの提携歯科医院であれば、お得に利用ができます。その確認が先でしょう。

こちらは、イオン銀行口座なくても歯科医院で直接申し込みができます。その提携がないのなら、イオン銀行のデンタルローン対応で良いでしょう。インターネット申し込みができますので、簡単に申し込みができます。

口座がない場合、新たに口座開設したとしても、使い勝手の良い銀行です。すべてイオン関係で解決してしまうのでは?という期待が大きいですが、いずれも審査があります。

審査について

安定収入がある20歳以上の方です。子息のデンタルローンとしてのイオンプロダクトファイナンスでは利用ができます。本人だけではなく家族の場合も対応している点では、矯正治療に迷っている子息の支払いも可能になります。

その点でもまずは確認してほしいので、通院している歯科医院でのイオンプロダクトファイナンスのデンタルローンの有無でしょう。

銀行、信販会社のデンタルローン審査

銀行の目的ローン、信販会社のデンタルローンでは10%以下になります。デンタルローンは歯科治療に特化して目的ローンであり、基本的には審査歯厳しくないとされています。

支払総額による

上限金利8%台のデンタルローンが多いです。最低でも100万円程度はかかる矯正治療、ホワイトニングでも内容によっては高額になります。

インプラントに関しては、100万円以上は絶対にかかってしまう場合も少なくありません。より高度な治療のためにクレジット払いが可能であれば、デンタルローンがとても使いやすいでしょう。

銀行と信販会社の金利設定があまり変わりないのですが、借入金額によっては審査内容が多少変わります。あまり厳しくないというのは、毎月の返済可能なだけの収入と借入の割合が取れている場合です。パートやアルバイトの安定収入があるのなら、審査は通りますが、ブラックリストの審査はNGです。

目的ローン並の審査基準

カーローンなどの目的ローンでは、あまり意識して申し込みをする方も少ないですが、消費者金融の借入が多いとか、個人信用情報機関に金融事故があるなどの申込者では審査落ちです。

銀行も信販会社もブラックリスト対応はしていないことで、また高額の借入では最初から審査に通らないことが多いです。100万円以上はかかるとされる場合は、年収なども考慮した審査になります。

提携している信販会社を歯科医院から紹介されたとしても、審査次第で借入ができない、デンタルローンの利用ができないと治療もできないこともあります。

多少金利が高くなっても

どうしても治療したいけれどというときには、デンタルローン以外の利用も検討しましょう。銀行のフリーローンでは用途が自由な場合があります。

まだ金利が抑えられるのですが、消費者金融のカードローンなどの借入も考慮して下さい。金利は高くなりますが、デンタルローン、フリーローンと比較しても審査は通りやすいでしょう。デンタルローンでなければならないこともありませんが、一応デンタルローンであれば、10%以下の低金利の利用ができるメリットがあります。

イオンプロダクトファイナンスでは、提携している歯科医院では3.9%という低金利の利用が可能になります。もちろん審査が厳しいのですが、債務が多いときには返済をある程度減らしてからの申込が妥当です。

どうしても希望の治療を低い費用でしたいときには、時と場合も考えることです。他のローンとの兼ね合いもありますが、審査で注視されるのは、キャッシングやカードローンの借入になります。

審査基準が低いデンタルローン

キャッシングにしてもデンタルローンにしても、取り扱い金融業者の審査基準で借りれるかどうかが決まります。審査基準では、個人信用情報機関だけではなく収入なども確認することですが、もともとあそこは甘いという評判がある場合も少なくないです。

オリコのデンタルローン

オリコはもともと信販会社としては、全体的に審査基準が甘いとされています。クレジットカードにしても、他の審査落ちだとしてもオリコだけは借りれるとの評判になっています。

ただし、金利が非公開になっている点では、比較は困難ですが、他の信販会社よりは甘い審査が期待できるとの口コミが多いです。申し込みして審査通過で初めて金利が公開されるものであり、一応は審査基準の甘さから紹介します。

ジャックスのデンタルローン

デントキュアがジャックスのデンタルローンですが、ここも信販会社としては甘めです。借入金額は500万円ですが、300万円程度でも借入可能です。支払総額は低ければ低いほど良いのですが、安定収入であり、返済能力があることでは信販会社としての審査の甘さは定評があります。

もともとクレジットカードも審査基準が低いことでは、なかなか他の借入ができない場合でも選択肢の1つになります。金利もそれほど高くないでしょう。

アプラスのデンタルローン

ここは、信販会社というよりは、新生銀行グループの1つです。特徴としては、200万円のまでの限度額で金利が高めです。審査基準に関しては、銀行グループですが、高金利の部分では多分甘めでしょう。

銀行カードローン並の14%台が上限金利になっていますが、他の信販会社のデンタルローンと比較しても断然高めです。メリットとしてTポイントが貯まるキャンペーンがありますが、他の審査基準と大きく低くなっている可能性が高いです。

借入金額も低めであり、どうしてもデンタルローン契約したい方の最後の砦的に存在と言えるでしょう。信販会社、銀行の目的ローンとしても高金利ということは審査基準が低いことは多少期待が大きいです。

ブラックリストは審査落ち

甘いとは言え、消費者金融の借入がとても多いとか、個人信用情報機関で金融事故がある。他に借金がとても多いなどのブラックリストに関しては、いずれのデンタルローンも借入ができないでしょう。

少なくても10万円程度では解決ができない歯科治療に関しては、100万円単位程度で考えなければならないでしょう。デンタルローンそのものが高額な保険適用外の治療であり、ローンの審査基準としては、安定収入だけではなく、個人信用情報機関の健全さは求められることになります。

上記のデンタルローンでは、その中でも審査基準そのものが低いものばかりです。ブラックリストでは、目的ローンそのものの申し込みが困難になってしまう。それはデンタルローンも同様です。