信販会社のデンタルローンが使えなければ、デンタルローンを取り扱っている銀行を探せ


歯列矯正には多額の費用がかかります。なぜなら、矯正歯科治療や審美歯科治療は健康保険が利かず、完全に自費診療となるからです。欠損した歯を補うためのインプラント治療ですら、日本では保険適用外というのですから世知辛いものです。

そこで、そうした保険の使えない高額な歯科治療費を賄うためのローンというのがあります。流石に歯を治すために消費者金融でお金を借りるのはちょっとという人でも、れっきとした歯の治療費専用のローン商品であれば、大きな抵抗なく利用出来るものと思われます。

という事で、現在、ジャックスやセディナなど、数社の信販会社やクレジットカード会社が、歯科治療のためのローンを出しています。それがデンタルローンです。中でも、一番おすすめはジャックスのデンタルローン。何と言っても業界最低水準の金利で、利用限度額も大きく、治療内容も問いません。矯正でもインプラントでも、自分の状況に合った治療を受けられます。返済期間も長く、銀行並みの安心な商品です。

ただし、信販会社やカード会社のデンタルローンを利用するには、予め、その金融会社と契約している提携医院や加盟歯科で治療するのが絶対条件です。つまり、掛かり付けの歯医者さんや最寄りの歯科医院で必ず使えると限っていないという事です。もちろん、ジャックスも例外ではありません。

しかも、こうしたローン会社と提携している歯科はまだまだ少なく、皆無というエリアも沢山あります。その上、どこに利用出来る歯科医院があるのかという情報も極めて少なく、諦めておられる方も多い事でしょう。でも、銀行なら大丈夫。個人の小さな医院から大学病院の歯科までどこで治療を受けるかは利用者の自由となっていて、金利も低いし、借り入れ出来る限度額も大きい。返済も余裕の額と期間です。

ですが、デンタルローンを取り扱っている銀行を探すのもまた一苦労なんじゃないの?っと思われるかも知れませんが、その点も大丈夫。確かに、デンタルローンと銘打った金融商品を出している銀行は限られています。しかし、多くの銀行が出している目的ローン、これを利用する事はデンタルローンを利用する事になるのです。

目的ローンというのは、これにお金を使いたいという利用目的を定めて借り入れする金融商品で、最も高額なのが家を買うための資金を借りる住宅ローン。他に、車を買うための自動車ローンや子どもの入学金を融通してもらう学資ローンなどいろいろあります。

特に最近は、多様化する利用者の志向に合わせ、結婚資金を賄うブライダルローンや海外旅行の旅費を賄うトラベルローン、あるいは、美容整形の費用を貸すメディカルローンなんていうのもあって、歯の治療費としての借入だとデンタルローンになるという訳です。

そして、この目的ローンの一種であるデンタルローンなら、都市銀行から第二地方銀行まで、多くの金融機関が取り扱っています。ですので、治療を受ける歯科と同様、融資を受ける銀行を探すのも、そう難しい事ではないでしょう。必ず身近なところにあります。

おすすめの歯科治療費専用のデンタルローンを取り扱っている銀行


歯科医療に特化した金融商品であるデンタルローンを使ってお金を作り、歯科矯正やインプラントをうけるという治療計画を立てるのは決しておかしな事ではありません。むしろ、歯の治療や借入は、早ければ早いほど、返済も含めた後々の生活は楽ですから、賢い方法だと言えるでしょう。

しかも、歯の治療に掛かるお金を用意して欲しいという目的を持って相談した場合、多くの銀行が前向きに検討してくれます。なぜなら、使途を定めて融資する目的ローンは、大半の金融機関が取り扱っているからです。ただ、大々的にデンタルローンと分かるローン商品をアピールしているのは、イオン銀行とスルガ銀行くらいでしょうか。イオン銀行では「イオンアシスト・デンタルローン」、スルガ銀行では「リザーブドプランプラス・デンタルローン」として詳細を公開しています。

特にスルガ銀行のリザーブドプランプラスは、元々カードローンおすすめランキングでもよく取り上げられているフリーローン、「リザーブドプラン」を目的ローンにしたもので、万一の時には残高を完済出来る保険付き。専用のローンカードを使って提携ATMから返済する形で、スルガ銀行に口座がなくても契約出来ます。金利も、実質年率2.5%~7.5%と最低水準です。

ただ、何かとお騒がせ中の銀行だけに、いささか躊躇する人も少なくないでしょう。なので、そういう人におすすめなのが、イオン銀行のデンタルローンです。こちらは、イオン銀行に普通預金口座を開設し、そこから自動で引き落としてもらう形での返済方法になります。また、金利も実質年率3.8%~8.8%と少々お高めですが、実際問題、年利は収入や信用情報などをベースにした審査で決まるものです。必ずしもスルガ銀行の方が安いとは限っていません。イオン銀行の方が低金利で借り入れ出来る可能性も十分あります。

しかし、スルガ銀行の方は、安定かつ継続した収入があれば申し込み出来るという事で、年金受給者でもOK。また、専業主婦でも配偶者の収入証明書があれば契約出来ます。親など、家族が融資を受ける事も可能です。それに対し、イオン銀行の方はと言うと、年金受給者や専業主婦、さらに、学生は原則として利用出来ない事になっています。それなりの会社に勤めていれば、パートやアルバイトでも契約出来ますが、少々門戸が狭い部分は否めません。

とは言え、イオン銀行の普通預金口座で発行されるキャッシュカードは365日24時間、手数料無料で入出金出来る提携ATMがとにかく多いのが自慢です。口座引き落としで返済する事を考えると、この点は大きなメリットだと言えるでしょう。

デンタルローンを取り扱っている銀行のフリーローンと目的ローンの違い


銀行のデンタルローンは基本、お金の使い道を定めて借入する目的ローンです。氏と自由なお金を融通してもらうフリーローンに比べ、金利が低いのが最大の特徴です。金融機関によっては、1%以上も差がありますから、やはり矯正治療に使うんだ、インプラント治療に使うんだという明確な目的がある場合、迷わずそれを盾に申し込みするべきでしょう。

でも、目的ローンになると、申込の手続きが面倒だったり、審査が厳しかったり、何かと厄介なんじゃないの? 特に過去に住宅ローンや自動車ローンを申し込まれた経験のある方はそうおっしゃる事でしょう。実際、手続きが簡便で、融資までの時間が速い、審査が緩いというのがフリーローンのイメージかと思われます。

しかし、審査の厳しさについては、あくまでもイメージにすぎません。確かに、お金の使い道は利用者の自由と定めている限り、その点であれこれ煩く尋ねられたり、調べられる心配はないでしょう。極端な話、歯科治療以外のお金を一緒に借入する事も容易です。ただ、最終的に物を言うのは個人の信用情報で、その信用情報は、同じ信用情報機関の情報を使う事を考えると、大差はないと言えます。

さらに、過去に延滞や地縁、踏み倒し、あるいは、金融関係の業者とトラブルを起こした事があれば、金融事故として処理され、移動情報となって全ての信用情報機関に登録されています。そのため、たとえ使途フリーでローン審査を受けても、ほぼ100%審査落ちします。そう、手軽なカードローン審査でも、目的を定めたローンの審査でも、その厳しさは同じで、通る可能性も、通らない可能性も同じなのです。

とは言え、やはり申込手続きの簡便さや必要書類、そして、融資までの時間については、ある程度の差はあると思っておいた方がいいでしょう。スルガ銀行のように、既存のカードローンサービスをバージョンアップさせたような形式の多目的ローンだと、申込用紙の記入からして簡潔ですが、イオン銀行のように、カードローンとは全く別物のローン商品の場合だと、何度となく書類のやり取りをする事になります。今は多くの金融機関が来店不要で、郵送での書類のやり取りを可能としていますが、その分、時間はかかる事を覚悟しておかなければなりません。さらに、スルガ銀行でも、目的ローンとして契約する場合は、歯科医院で発行された見積書や治療計画の提出が必須となります。

しかしながら、今はフリーローンでも、銀行の場合は、即日融資というのは事実上不可能です。反社会的勢力との関係がない事を調べるべく、警察のデータベースに問合せをするという新たな審査が加わって以後、今までは即日融資もサービスのうちだったカードローンでも最短翌日融資となりました。たとえ専用の機械で申し込んだとしても、その場でカードが発行されるのみ。実際にお金を手に出来るのは次の日なのです。そういう点では、僅かながらも差は縮まったと言えます。

全国対応で歯の治療費となるデンタルローンを取り扱っている銀行


歯の治療費となるデンタルローンを取り扱っている銀行は沢山あるかと思いますが、地方銀行や信用金庫の場合だと、その金融機関の営業エリアに居住しているか、勤務しているかが条件になります。

ですので、ここでは全国対応の都市銀行のデンタルローンとして使える目的ローンをご紹介したいと思います。

みずほ銀行の多目的ローン

対象者:満20歳以上・満66歳未満で安定且つ継続した収入のある人
最高限度額:300万円
年利:6.7%
返済回数:最長84回(7年)

みずほ銀行の多目的ローンの大きな特徴の一つに、変動型金利を選択出来る事があります。この6.7%というのは固定金利ですから、借入してから完済時まで変わりません。けれど、変動金利にすれば、今後、金利が下がる可能性もあります。その代わりに、金利が上がるリスクもありますが、2018年夏現在、変動金利は実質年率5.875%と、若干低くなっていますから、長期返済で融資を受けるのであれば、選ぶ価値ありかも知れません。

さらに、すでにみずほ銀行で住宅ローンや他のローン商品を契約している人は、金利が優遇されるなどのサービスもあります。ただし、満71歳までに完済する事となっていて、借入時の年齢によっては、返済期間が短くなるため、月々の返済額が大きくなるでしょう。さらに、今の職場での勤続年数が2年以上、税込200万円以上の年収がある事が利用条件となっていますので、全ての人におすすめとは言えないのです。

りそなプライベートローンJ

対象者:満20歳以上・満70歳未満の安定且つ継続した収入のある人
限度額:300万円
年利:6.5%~14.0%
返済回数:最長84回(7年)

みずほ銀行に比べて、やや門戸が広いのがりそな銀行の多目的ローンです。金利や限度額、返済の条件には大差がありませんが、こちらは年収や勤続年数に規程はありません。また、満70歳まで借入が可能となっています。ただし、満71歳までに完済しなければならないというお約束が付帯するので、現実問題、70歳で融資を受けるというのは銀行にとっても、本人にとっても厳しいでしょう。また、実際の利用限度額は年収で決まるため、所得が少ないと十分なお金を借りられない可能性もあります。とは言え、年収200万円未満でも、勤続2年未満でも、パートでもアルバイトでも申し込み出来ますので、役立つ人は多いものと思われます。

この他、三菱UFJ銀行や三井住友銀行も気になるところですが、こちらは氏と自由なフリーのカードローンを利用して下さいという事で、デンタルローンと呼べる目的ローンにはいささか遠い存在です。確かに、手続きはやや簡易で、歯科の見積書を取る必要もありませんが、その分、高金利です。それを考えると、千葉銀行の「ちばぎんデンタルローン」のような地元の金融機関の目的型ローンを利用する方がおすすめ。地元密着型ならではのサービスやサポートも期待出来ます。

事実、千葉銀のデンタルローンとなる多目的ローンは、変動金利型ですが、実質年率5.0%~5.2%と、現時点ではかなりの低金利です。利用限度額も500万円までと大きく、返済期間は最長10年、120回払いまで行けます。千葉県民なら都市銀行より断然お得なのです。

デンタルローンを取り扱っている銀行を探してまで歯科治療する価値なんてあるの?


お金を借りてまで高度な歯科治療をする必要があるのかないのか? この質問の答えについては、個人の価値観に委ねるしかないでしょう。ただ、デンタルローンを使って歯の治療をするメリットはいくつかあります。その一つが、医療費控除を受けられる事です。

たとえ銀行でお金を借りてでも、歯科医院に治療費を一括で支払えば、高額医療費を払ったという既成事実は出来ます。その既成事実を持って確定申告すれば、税金がいくらか返って来る可能性があるのです。もちろん、審美歯科治療でも矯正歯科治療でも対象です。何しろ、歯列矯正は健全な食生活を維持するためには重要な意味を持ちます。ましてや、欠損した歯を補充するインプラントになれば、間違いなく医療費です。控除が受けられて当然なのです。

という事で、この点を考えると、デンタルローンを取り扱っている銀行を探してでも歯の治療をする価値はあると言えるでしょう。無論、消費者金融で融資を受けても、使途自由のフリーローンやカードローン、さらに、クレジットカードを使っても条件は変わりません。

ただし、クレジットカードを使えば、ショッピング枠が歯の治療費で占拠されてしまい、後々何かと困るというリスクがあります。また、消費者金融や信販会社、あるいは、ローン会社から借りたお金は総量規制の対象となるものが多く、これも長い人生、困る事が出て来るかも知れません。

こうしたリスクを回避し、医療費控除の恩恵を被れる最良の策、それが銀行のデンタルローンや多目的ローンの利用なのです。確かに、やや手続きがめんどうだとか、融資までに時間がかかるとかというデメリットはあります。また、対象者や利用条件を見ても、誰でもウェルカムというものではありません。しかしながら、何より安心の低金利。そして、一番の利点は、歯科医院や治療内容を制限されないという事です。

実際問題、審査については、消費者金融も信販会社も、民間のカード会社やローン会社も、ほぼ同じ信用情報機関のデータをベースに進めますから、審査落ちする人は審査落ちします。別に、銀行のローン審査だったから駄目だった訳ではないのです。ですので、是非一度、気になる銀行やお近くの地銀で融資を受け、綺麗な歯や丈夫な歯を手に入れる事を検討してみられてはいかがでしょうか? 過去に金融事故を起こした記憶のない方は申し込みしてみる価値ありです。