デンタルローンは、キャッシングよりもずっと低金利

デンタルローンとは、歯科治療の費用のローンです。
カーローン、住宅ローンの歯の分野と考えて良いです。
ローン会社なり銀行からの融資が、歯科の治療にしか使えないということです。

どうしてデンタルローンが生まれた?

今さらなんですが、歯科治療は保険で治せる場合もありますが、保険適用外の治療もあります。
この治療は保険でできる範囲でお願いします、という会話はしたことがある人も多いでしょう。

ところが、最近では歯科治療は多彩です。
矯正歯科も審美歯科、そして、インプラントとすべて保険適用外で歯科治療費がとにかく高い。
どれも30万円、50万円というものです。カーローンほどではないと言いつつも、何百万円という歯科治療も存在します。
そこで、ローン会社も銀行では、審査の際に歯科治療に特化してデンタルローンの扱いをはじめました。

特にインプラントでは注目

インプラントは国内で新しい治療です。
入れ歯の代用として、歯と土台を作って、歯ぐきに直接埋め込みます。ほぼ一生使える歯になります。
入れ歯の調節なども必要なく、メンテナンスだけをしっかりしていることで、自分の歯として使用ができます。

このインプラントが1本30万円、50万円という代物です。
簡単に支払いができない方に、デンタルローンの利用で、インプラントをしませんか?という感じです。

デンタルローンがおすすめな理由

車を購入するときに、カーローン利用は当たり前です。
それは金利優遇があるからです。キャッシングやカードローンよりずっと低金利です。

実はデンタルローンも同様です。
キャッシングよりも低金利、5~10%の金利になっていて、歯科医院では提携している信販会社などもあります。
おすすめされたのなら、自分でお金を作るより、デンタルローンの利用が良いでしょう。
ただし、審査があります。

どうして金利が低い?

目的ローンだからです。
自由に使えるお金を貸すのではなく、歯科治療にだけに使うことがわかっているからです。
特に歯科医院と提携している場合は、申込み後直接歯科医院に支払いがされます。
その信用もあり、最初からそんなに高くない金利での提供が実現しています。

好きな歯になれる!

多少オーバーな表現ですが、保険適用外の歯科治療では、虫歯を治す、歯周病治療とはかなり違いがあります。
歯列矯正、インプラントと言うのは、より良い口腔の環境つくりに役立つものです。
まだ、審美治療としての扱いですが、いずれも体調にも健康にも大きく貢献するものです。

そんなに普及はしていないのですが、デンタルローンの存在のおかげで、今まで絶対にできないとされた歯科治療が実現できることは良いことです。
高くても、10%の金利というのもありがたいことです。

銀行のデンタルローンは低金利?審査に通りたい

デンタルローンは、ローン会社や銀行での取扱になっています。
歯科治療のためのローンであり、聞き慣れない方もいますが、最近では地銀などでも扱っています。

低金利が特徴

銀行のデンタルローンでも5%程度のものもあります。
目的ローンですから、使い先がはっきりしていて、歯科の治療費にきちんと使えます。
銀行では、治療計画の提出などで証明されることで、高いインプラント治療も可能になります。

デンタルローンそのものは、数百万円の限度額になっています。
インプラントなども何本も治療となると、100万円はすぐに飛びます。
銀行ではフリーローンの形でのローンもありますが、歯科治療で使用するのから、目的がはっきりしているデンタルローンがおすすめです。

自分で申し込む銀行のデンタルローン

歯科医院で指定されない場合は、銀行のデンタルローンを探して申し込むことができます。
身近な銀行でも良いのですが、ネット銀行でも取扱をしています。
簡単に検索することができますが、5~10%程度になります。

この金利差は、借り入れ金額によるもので、たいてい10万円程度になり、この場合は10%の金利です。
低金利のデンタルローンを探して、自分が対象になるのなら、1%でも低いほうが良いです。

ところで審査ですが

どんなローンにも審査は存在します。
これだけ低金利というのですから、審査は多少厳しいと思ってください。
融資に対する審査は、低金利ほど審査は厳しくなっています。
そして、借り入れが多いほど難しい審査になります。

審美歯科治療では、治療費用はどうしても何十万円と言う単位です。
これが、保険適用であれば半分以下になるのですが、インプラントをはじめ、現在は保険適用外となっています。
ですから、インプラントにしても100万円以上の借り入れをしたい場合が多いです。

デンタルローンの審査の通るため

できるだけ低金利のデンタルローンを手にするためには、現在の借金を少しでも少なくしておくことです。
特にキャッシングをしている方は、返済額を減らしてからの審査をおすすめします。

どうしても返済負担が大きくなることは、審査に影響を与えます。
本当は100万円必要だけど、50万円の審査とか通らない。
それも低金利の銀行のデンタルローンではなく、高い金利のデンタルローンの審査にしか通らないということになることも。
できるだけ低金利デンタルローンに通るためにも、大切なことです。
銀行のデンタルローンでは、高くでも10%程度です。

アプラスで低金利のデンタルローンを

アプラスは新生銀行グループの信販会社です。
多様なローン商品がありますが、デンタルローンも取り扱っています。

歯科治療現場にアプラスあり

歯科医院でもアプラスのデンタルローンを採用している所があります。
金利が低いことで、利用しやすいのですが、返済回数も長く、返済負担を小さくすることができます。
アプラスでは、歯科医院が加盟店になっていることが条件です。
これは提携の形になるのですが、一応歯科医院に確認をしてください。

そして、申込みが歯科医院で行うのではなく、患者がスマホで行うことになります。
この方法で、アプラスから歯科医院に直接支払いをして、患者はアプラスに返済をします。
200円にTポイントが1ポイント付く特典があります。

条件がある

アプラスの金利は、5.8%~と信販会社でも平均的です。
カードローンなどよりもずっとお得であり、Tポイントの存在も美味しいです。
現在アプラスを採用している歯科医院は増えていますが、全国的に見るとまだまだです。
魅力的な存在ですが、提携していなければつかないというのは残念です。

信販会社、ローン会社と歯科医院提携

信販会社から直接歯科医院に支払いができる提携関係があると金利が低くなります。
自分で銀行のデンタルローンを利用するときには、自分で支払いをすることになります。
ここに金利差が出ます。

ですから、歯科医院で提携している信販会社がある方が低金利デンタルローンが期待できます。
アプラスもその1つですが、受付やホームページを確認してください。
提携していないと使えないと言うのは現実です。

アプラスについて

アプラスを運営している母体の新生銀行では、カードローンでも特徴があります。
カードローン等も初回30日間無利息だけではなく、5万円まで半年間無利息というサービスがあります。
目的ローンの種類も多く、既存の信販会社にはない特徴があります。
デンタルローンのその一つであり、Tポイントが付くのもちょっと嬉しいことです。

安心してインプラント治療を

デンタルローンがあれば、高額なインプラント治療も受けられます。
ただし、審査があります。低金利のローンでは、最低でも金融事故がないことが条件になっています。収入があり返済能力は絶対に問われることです。

この審査に通ることが必要ですが、歯科医院との相談で行いたいインプラント治療と総費用はきちんと確認をしてください。
アプラスの利用ができる、提携しているのでおすすめしたいというのであれば、利用価値のあるデンタルローンです。

ローン会社と銀行のデンタルローンはほぼ同じ?

デンタルローンと名称が付くと、目的ローンとして金利が低くなります。
ですから、みずほ銀行カードローンのような金融機関のキャッシングよりお得になりますが、デンタルローンには審査があります。

インプラント治療の普及で

最近は、インプラントや審美歯科などで、保険適用外の歯科治療の機会が増えています。
どれも費用が高いのですが、インプラントなどは100万円以上かかるのも珍しいことではないです。

しかし、歯科医院では、その治療がベストであり、負担は大きいけれど、健康 にも良い、自身としても高くてもインプラントが良いのなら、心が動きます。
そこで、デンタルローンの登場です。ローン会社などでは、歯科医院と提携している場合があります。
インプラント治療には、デンタルローンをどうぞ。金利は、他のクレジットカードやキャッシングよりも安いです。

これなら、どうしようと回っている方で、資金繰りが原因なら解決しやすいです。
最高でも10%程度のデンタルローン。
審査にさえとおれば、銀行ローンやキャッシングよりもお得です。

見積もり次第で

歯科医院によっては、インプラント治療だけではなく、被せ物などでも保険適用外の治療も存在しています。
それがよいものであれば、デンタルローンの対象になります。

歯科治療のために使用ができるデンタルローンでは、高いとされる保険適用外の歯の治療はすべて網羅しています。
支払いの負担がローンの形になることで、負担を減らしたい、ローンしてでもインプラントが良いのであれば、検討してみましょう。
審査は、書類だけなので、申込み後は待つだけです。

現在借金がある

クレジットカードやカードローンなどを利用している方が絶対に借りれないことはないです。
総量規制対象外であり、返済能力があれば、そう判断されることで、審査に通ることはあります。
金融事故がなく、収入に見合う返済額であれば、大丈夫でしょう。
ブラックリストのデンタルローンの利用は難しいですが。

歯科医院に提携しているローン会社の場合、歯科医院は間に入るだけです。
審査結果を聞くだけですが、銀行のデンタルローンの場合は、自分で手続きが必要です。
ローン会社と銀行のデンタルローンの金利ですが、ほぼ一緒です。

審査基準にしてもそんなに変わらないのですが、比較検討したいのであれば、歯科医院に相談してみてください。
銀行で自分でデンタルローンの契約は、お金を持参する形になり、見積もり書などで証明をするだけです。

デンタルローンの審査がヤバい?あまり金利にこだわらない

デンタルローンでは、どうしても高額な歯科治療費が借りれると思ってみてしまいます。
ところが、インプラントや審美歯科の治療ではなく、10万円程度の借り入れをしたい場合もあります。
歯科医院から、普段の歯科治療でこれは保険適用外になりますと言われることもあります。
その時、手持ちのお金が作れないときのデンタルローンの利用も可能です。

最高金利が10%程度

デンタルローンの高い方の金利は、少額の借り入れのときの数字です。
一律◯%と言うデンタルローンもありますが、せいぜい10%程度です。

もし、10万円程度のデンタルローンである場合、この10万円程度ならキャッシングの17%の金利と返済額はあまり変わらないと言います。
ということは、現在金融事故などで信用情報が怪しい場合、わざわざデンタルローンではなく、手持ちのカードローンでの10万円程度の借り入れでも良いかもしれません。

金利は低いが審査がある

審査です。
デンタルローンの利用はしたいけれど、100万円とかのインプラント治療ではなく、10万円程度なら、金利も気にならない。
わざわざ申込みをして審査落ちになったり、審査時間のイライラも良いものではありません。
審査時間が長いのもデンタルローンのでメリットであり、もし現在カードローンをお持ちの方は、代用しても大した変わりはないです。

10万円以上でも

デンタルローンではなく、低金利の銀行のフリーローンなら審査も早いです。
そして、金額によっては、金利差もないです。
フリーローンは原則的に何に使ったも良く歯科医院では、自分で現金を持っていく形になります。

歯科医院で、ローン会社の審査を受けることなくできます。
金融機関のデンタルローンについては、フリーローンよりも審査が面倒なので、あえて、デンタルローンではなくフリーローンのおすすめです。

歯科治療だから

絶対にデンタルローンでなくてはならないということはないです。
内容によっては、フリーローンと金利が変わらない場合もあり、少額ならカードローンの返済と大差ないことがわかります。
10万円では、10%と17%の1ヶ月の返済額の違いは700円程度です。

そう考えると、すぐに資金が作れるカードローンでもOKですし、今審査がやばいというのなら、デンタルローン申込みもしなくても良いかも?
信用情報でちょっと良くない情報があり、現在ギリギリのキャッシングをしている方にとっては、この選択もありです。
また銀行のフリーローンも金利があまりないので、同時に利用を考えてみてください。
はじめてのデンタルローンとなれば、信用情報やばい人は審査に通らないです。