無利子でお金を借り入れ出来るデンタルローンがあるってほんと?


『デンタルローン』は歯の治療費専用のローン商品です。金歯を使った入れ歯治療やブリッジ治療からはじまり、インプラントや歯列矯正など、保険が利かず、全額自己負担となる歯科治療は多数あります。というより、歯科での診療は大半が保険適用外。おまけに、義歯の材料費や器具代、さらには医師の技術料が高価で、あっという間に何十万、下手をすれば何百万にもなりかねません。つまり、お金持ちでなければ良質な医療を受けられない、それが歯科の世界なのです。

そこで、そうした費用を融資するのがデンタルローン。元々は先進医療全般をターゲットとしたメディカルローンの一部ですが、歯科医療に限定する事で低金利を実現させました。また、審査も本格的な医療ローンよりは緩めで、多くの人が利用しやすいローン商品となっています。

とは言え、ローンを組む事はお金を借りる事で、借りたお金には必ず利息が付きます。何しろ銀行やローン会社は、その利息こそが自分たちの儲けなのですから、これがなければビジネスは成り立たないのです。という事で、これは公認のルールであり、常識となっています。もちろん、デンタルローンだって決して例外ではありません。

ところが、世の中には無利子のデンタルローンがあるという噂があるではありませんか。実際、今のご時世、思わず目が点になるようなサービスやシステムを持つ金融商品もあれこれ出されています。新規顧客を確保するためなら少々の痛手やリスクは負う覚悟という事で、住宅ローンの金利が下がっているのも確かです。無利子の歯科ローンがあっても不思議ではないような気はします。

そして、無利子のデンタルローンは存在します。というより、金融会社や金融機関の出すデンタルローンは、見ようによってはほぼ100%無利子です。驚かれるかも知れませんが、これ、ほんとの話。

なぜなら、「利子」というのはお金を借りた人が支払う礼金なのですが、お金を貸した側がそれを受け取ると「利息」になるからです。つまり、端から利子を徴収する事を目的に出されているローンなどないという事になるのです。

ただし、お金を貸す側は利息を徴収する権利があって、お金を借りた側は利子としてその金額を払わなくてはなりません。という事で、学生支援機構の出す奨学金でも基本的には利息を徴収されますから、利子は付きます。無利子のデンタルローンがあるというのは、ちょっと考えにくい話でしょう。もし本当にあるとすれば、何かしらの条件が付帯して来るものと考えられます。

しかしながら、100万円の矯正治療費を実質年率10%の60回払いで借り入れすると、月々の支払は約2万1,000円。最終的には126万円以上も支払わなければならないのです。当然、差額の26万円以上が利子。これがあるとないとでは大違いです。少しくらい厄介な条件が付帯していたとしても、我慢出来るというものです。

そこで今回は、本当に無利子のデンタルローンがあるのかないのか? あるとすれば、どこのデンタルローンで、どんな条件が付帯しているのか? 利用するにはどうすればいいのか? といった事を見て行きたいと思います。これからデンタルローンを組んで矯正やインプラントなど、本格的な歯科治療を受けようと思っている人は必見ですよ。

そもそも無利子のデンタルローンがあるとすれば、どんなローン商品なんだろう?


前述の通り、利子はお金を借りた相手にお礼として支払うものです。という事は、無利子の『デンタルローン』という事は、利子0円のデンタルローンという事になります。あれば嬉しいですが、そんなローン商品が簡単に見付かるとは思えません。ならば、最低限の利子を払わなければならないと仮定した時、それがいくらくらいになるのか? 気になりますよねぇ。

ところが、金融会社や金融機関のHPを見ても、たとえば100万円借りた時の利子というのはどこにも明記されていないではありませんか。しかも、これは歯科ローンだけでなく、消費者金融のカードローンや銀行のフリーローンでも同様。紹介されているのは金利のみです。ただ、この金利が分かれば利子は分かります。なぜなら、金利は利子や利息を計算するためのツール的数字だからです。

そもそも、利子はお金を借りた側が支払うもので、利息はお金を貸した側が受け取るもの。当然、前者は少なければ少ないほど有り難いですが、後者は多ければ多いほど嬉しいものです。そこで、もめ事を防ぎ円滑な付き合いをするためには、利子と利息が同額である事が望ましいという事になるでしょう。それには、互いが納得出来るルールを最初に取り決める事がポイントです。

という事で、貸したお金の何パーセントを利子や利息にするのか? それを定めるのが金利です。通常、金利は1年間でそれだけという暗黙のうちのルールのもと、年利で設定します。

よく、映画やドラマで“トイチ”と言われますが、これは1日1%、10日で1割の利子が付くという意味。年利にすると365%となり、100万円借りたときに支払わなければならない金額は約3,100万円近くにもなります。そのうち、元金が100万円ですから、利子だけで3,000万という事です。

ただ、銀行や消費者金融がこのような金利を設定する事は200%ありません。日本には「利息制限法」という法律がありますから、どんなに高金利のデンタルローンでも年利20%以下。しかも、矯正やインプラントの場合、その多くが10万円以上100万円未満の範囲に収まります。そのため、最高でも18%以内です。さらに、100万円に達すると、最高でも年利15%となります。

という事で、100万円を金利15%で借りるという事は、年間に100万円の15%、即ち15万円の利子が付くという事です。ただし、利子や利息は常に元本残高に対して15%という計算をするため、元金が減れば利子も減ります。つまり、毎月きちんと支払っていれば、1年に15万円も払う必要はないのです。

また、早々に変換すれば利息全額を支払う必要もないという事で、借り入れした30日後の一括返済額は101万2,500円。利子はたった1万2,500円です。そして、100万円を年利15%で借り、12回払いで返済する場合、月々の支払い額は9万258円。総額108万3,096円ですから、利子は8万3,096円です。さらに、5年60回払いにしても、月々の支払が2万3,789円、トータル142万7,340円という事で、利子は42万7,340円になります。

とは言え、実際に歯科医院に支払う金額は100万円。でも、自分が金融基幹や金融会社に支払う金額は142万7,340円というのは辛い物があります。やはり出来るだけ利子は安い方が有り難いという事で、そのためには、金利の低いローン商品を探す必要があります。さらに、金利0%なら利子も0%。そう、無利子という事で最高なのですが、果たして、そんなデンタルローンが存在するのでしょうか?

金融機関では無利子のデンタルローンなどあり得ない


矯正治療やインプラント治療など、歯の治療費に特化したデンタルローンは目的を定めて融資する目的別ローンの一種で、銀行では使途自由なフリーローンに比べて低金利というのが特徴です。ただ、銀行や信用金庫といった金融機関はどうしてもローン審査が厳しく、学生や主婦の場合、ある程度の収入があってもシャットアウト。親や配偶者が契約する事になるでしょう。

しかも、銀行だから低金利とは限っていません。以前はスルガ銀行が比較的金利低めのそうした目的ローンを出していましたが、今は取り扱いがなくなりました。そのため、新規だと年利6%以下になる事はまずないものと思われます。

さらに、娘や息子を大学に進学させるための教育ローンや、マイカー購入資金を用立てる自動車ローンというのはどこの金融機関でも出していますが、それ以外の使途はフリーローンになりますというところも少なくありません。

特に、近頃は大手銀行ほどその傾向が目立ち、一段と金利が上がります。という事で、歯科矯正など、歯の治療に使えるメガバンクのローン商品と金利は以下の通り。この中で、三井住友銀行と三菱UFJ銀行は消費者金融と同じフリーのカードローンとなります。

  • みずほ銀行多目的ローン・・・実質年率6.7%の変動金利
  • りそなプライベートローンJ・・・実質年率6.5%~14.0%
  • 三井住友銀行フリーローン・・・実質年率14.5%~4.0%
  • 三菱UFJ銀行バンクイック・・・1.8%~14.6%

そもそも歯並びを整えてコンプレックスを解消し、明るい人生を送りたいという思いを応援すべくリリースされたのがデンタルローン。矯正など自分磨きのための費用としてきちんと目的を定める事で金利が下がるというのがメリットでした。けれど、使途自由なフリーローンになると、銀行でも最も高金利のローン商品になってしまいます。

事実、低金利をじまんしているような楽天銀行のカードローンでも、100万円未満の借入に対する実質年率は14.5%。消費者金融に比べれば低いものの、クレジットカードのリボ払いと大差のない数字です。

確かに、楽天銀行スーパーローンの場合、年利1.9%からとはなっています。けれど、これはあくまでも上等のお得意様が800万円の融資を受ける場合の話。その条件に該当するには最低でも2,000万円以上の年収が必須となるでしょう。また、長期にわたって楽天銀行をメインバンクとして取引している必要もあるものと思われます。

それに、歯の治療費を借りる訳ですから、どんなに高額になっても200万円以内。審査や返済を考えると、出来れば100万円以内に抑えたいところです。実際、最新の装置を使った歯列矯正でもその平均的な費用は70万円から90万円と言われていて、100万円を超える事は少ないものと思われます。そうなると、年利14.5%での契約となってしまうのです。

これは楽天銀行に限った事ではなく、銀行ならみんな同じで、上記の都市銀行でも、100万円以内の借入は基本的に最高金利となります。すでに取引があって、優遇金利が適用されたとしても、2%ほど下がるくらいでしょう。そんな状況ですから、金融機関の出すデンタルローンで無利子というのはあり得ないのです。

信販会社やローン会社でも無利子のデンタルローンなどあり得ない


こうして改めて見てみると、都市銀行を中心に、金融期間での個人への小口融資は段々世知辛くなっていると言わざるを得ないでしょう。金利を下げるどころか、目的ローンを廃止し、フリーローンに移行する事で少しでも高金利の契約となるように工作しているような気すらします。

しかし、銀行ローンというのはそんなもので、すでに多額の預金があったり、住宅ローンを組んでいたりすると優遇されますが、それ以外の人には案外冷たいものです。それに対し、信販会社やローン会社など、民間の金融会社が出すデンタルローンの中には実質年率5%を切る固定金利の商品もあって、月々の支払も1万円前後で収まる事は珍しくありません。

たとえば、同じイオングループの中でも、イオン銀行の歯科ローン「デンタルアシスト」は、年利3.8%~8.8%となっています。となると、新規だと8.8%が適用される可能性が高そうです。ところが、ローン会社である「イオンプロダクトファイナンス」では、誰でもが3.9%で借入出来る固定金利となっていたりもするのです。

さらに、信販会社やローン会社では、主婦や学生でも、年齢や収入の条件を満たしていれば、連帯保証人を立てる事で契約出来ます。ただし、人気のデンタルローンは下記の通りで、実質年率0%という商品は、どこにも見当たりません。中には分割払いに対する「手数料」という呼称を使っているところもありますが、これは正式に言えば「金利手数料」。早い話、実質年率を示しています。

  • ジャックス・・・実質年率4.5%
  • イオンプロダクトファイナンス・・・実質年率3.9%
  • セディナ・・・実質年率7.8%~11.8%
  • オリコ・・・実質年率6.0%~13.2%
  • アプラス・・・実質年率7.2%~14.4%

という事で、もし、本当に無利子の歯科ローンがあれば、ダントツで利用者数ナンバーワンになっているでしょうから、インターネットで探せばわんさか情報が入るはず。にも拘わらず、具体的な情報がないという事は、真剣に探すだけ無駄だと思われます。

しかしながら、民間の金融会社が出すローン商品においては一部、初めて利用する人を対象に金利0%期間を設けている事がありますので、その間に完済出来れば、事実上無利子です。ただし、無利子期間と言っても、契約日もしくは借入日の翌日から30日間で、その後は有利子期間となります。それでも、初年度は間違いなくお得になるでしょう。

ですが、こうした無利息期間を設けているのは、大手消費者金融のカードローンばかりで、元々が高金利です。そのため、信販会社やローン会社が出す低金利のデンタルローンの方が総支払額を見るとはるかにお得になります。

たとえば、かの有名なプロミスの場合、フリーキャッシングの年利は17.8%。よって、100万円借りて5年60回払いで返済する場合、月々の支払い額は2万5,284円となります。総支払額は151万7,040円。そう、50万円以上も利子が付くのです。

一方、実質年率4.5%のジャックスのデンタルローンを使った場合、同じ条件で借り入れすると、月々の支払金額は1万8,643円。総支払額は111万8,580円で、利子は11万8,580円と5分の1程度に収まります。即ち、たとえ無利子や無利息の表示のあるローン商品があったところで、それが短期なら、歯科矯正のような高額な歯の治療費を用立てる方法としては不向きであるという事がおわかりいただけるでしょう。

歯科医院によっては無利子のデンタルローンがある事もある


コンプレックスを解消し、婚活や就活に前向きに励みたい。そんな思いで歯列矯正を考えておられる方は多く、少しでも利口に資金調達したいという気持ちは痛いほど分かります。とは言え、無利子のデンタルローンはないのかという質問事態、そもそもナンセンスでしょう。やはり金融会社や金融期間は、貸したお金に利子を付けて返してもらわなければ商売になりません。そのため、完全無利子のローン商品というのは皆無なのです。

それどころか、銀行などの金融期間は、子供の入学金やマイカー購入費を用立てるローンは今でも低金利で出していますが、それ以外の目的で利用するには高金利のフリーローンを推奨される傾向が高まって来ています。

また、大手消費者金融には無利息期間付きのカードローンがあるものの、元々が高金利なので、長期返済が必須となる歯科治療費の利用には不向きです。カードでの支払も同様で、一括返済出来ない限り、多額のリボ払い手数料や分割払い手数料を取られます。

しかしながら、歯科の場合、自ずと治療費が高額となる矯正歯科を中心に歯科医院独自の分割払い「院内ローン」や「院内分割制度」を設けているところも少なくありません。そして、多くの院内ローンは無利子です。

しかも、金融期間や金融会社のローン審査にくらべ、審査基準もはるかに緩いですし、信用情報や所得について詳しく調べられないというメリットがあります。特になじみの歯医者さんで治療を受けるのなら、断然容易に利用出来るでしょう。

ただし、デンタルローンのように長期間掛けてコツコツと支払うという事は難しいものと思われます。少なくとも、治療気管内に完済出来るように返済計画を立て、月々支払いする事を指示されるのが一般的です。

さらに、治療内容や治療機関に関わらず、最長でも10回払いとか、20回払いという完済条件が出される事もしばしばで、言うまでもなく毎月の支払い額は大きくなります。その上、院内分割が利用出来るのは矯正歯科での治療のみ、インプラントや高級入れ歯は現金一括払いか、クレジットカード払いか、デンタルローンを利用してくださいという医院もあるので要注意です。

確かに、インプラントや入れ歯、あるいは部分矯正など、30万程度で収まる治療なら、20回払いで返還するとしても月々1万5,000円程度。比較的無理なく支払える金額で、利息が付かない事を考えるとお得だといえそうです。けれど、100万円の矯正治療費を20回で支払うとなると、月額5万円。これは、かなり大変な額で、やはりデンタルローンを利用せざるを得ない人も多いでしょう。

さらに、デンタルローンを利用すると、最初に全額を支払えます。そうすると、その年の医療費控除が受けられるのですが、院内分割にするとそうは行かなくなる事があります。たとえば、7月からインプラント治療を開始した場合、その年の年末までに支払う治療費は6ヶ月分という事で9万円程度。これだけでは控除対象の医療費には到達しないのです。

確かに、翌年は12ヶ月分丸々対象となりますから、18万円で、10万円を超過した8万円分は文句なしに控除が受けられます。けれど、その次の年は残りの2回分を支払うだけですから、話になりません。つまり、歯科医院に30万円も支払ったのに、申告出来るのはたった8万円分という訳です。

そんなこんなを考えると、何が何でも無利子にこだわる人で、毎月ある程度のまとまった金額を払える人は、歯科医院の院内ローンを使うのが一番お得だと言えるでしょう。ただ、それ以外は、少々利子は付いても、比較的低金利の金融会社が出すデンタルローンを利用するのが、無利息期間を持つ消費者金融のカードローンやクレジットカードのリボ払いよりお得なのではないかと思われます。