保険適用外の歯の治療でお金を借りたいって思うのはあり?なし?


歯の治療は基本的に健康保険で賄うべきものだと言えるでしょう。なにしろ、歯は重要な身体のパーツな訳で、そこが悪くなると、日々の生活に様々な支障を来します。歯が足りなかったり、かみ合わせが悪い事で食事制限が出て、健康を阻害される事もないとは言えません。

とは言え、虫歯以外の歯科治療は、保険適用と保険適用外のものがあって、高度な技術を必要とする治療は、ほぼ健康保険の適用外となっています。そのため、より良い結果を出せるインプラントやブリッジは自費でお願いしますというのが日本のシステム。ましてや、美容的効果をもたらすような矯正ともなると、100%保険対象外です。おまけに、高額療養費の対象にも、医療保険の給付対象にもなりません。

さらに、健康保険が使えれば3割負担ですむところ、使えないために自己負担額は10割となります。そうして、ただですらも高価なインプラントや矯正治療は、益々手の届かないところに行ってしまうという訳です。でも、本当にそれでいいのでしょうか?確かに、患者側も歯の治療となると、いささか弱気になる部分があります。

これがガン治療なら、どれだけ費用はかかってもいい。とにかく治す事を優先にと考えられる方が圧倒的多数ですが、中々そうは思えないようです。今は歯医者さんでの治療費に特化した目的ローン「デンタルローン」というのもありますが、わざわざお金を借りてまでと、多くの方がおっしゃいます。

しかし、インプラントやブリッジは、間違いなく快適な食生活を約束してくれます。それにより、健康増進に多大なる効果を発揮する事は容易に想像出来るでしょう。それを考えると、本来なら健康保険でサポートされてもおかしくない治療なのです。ただ、それが現実化されない以上、お金を借りて治療を受けるしかありません。つまり、今の日本の医療制度や保険制度を考えると、歯の治療でお金を借りたいという要望は十分ありなのです。

しかも、歯科治療費に特化したデンタルローンは、最短でも5年、長いものになれば10年という年月をかけて返済する事が認められています。自分の能力に合った返済額を設定する事で、生活費を切り詰めるなど、無理をしなくても返して行けるようになっているのです。

確かに、流石にお金を借りる訳ですから、審査は甘くはありませんが、利用出来るという事は、それなりの信用がある事になります。その信用を大切に守り続けて行くためにも、我が身を大切に考え、思い切った最新の歯科治療を受けるべきではないでしょうか!?

健康保険の使えない歯の治療でお金を借りたいと思ったらどうしたらいい?


健康保険の使えないインプラントや矯正しか、審美歯科などは、多額の治療費がかかります。けれど、保険適用の入れ歯より、インプラントの方が断然快適で長持ちします。また、セラミックなどを使った矯正により、歯並びが良くなると、歯と歯の隙間に食べかすが挟まりにくくなるため、虫歯や歯周病のリスクを軽減出来るでしょう。そんなこんなを考えると、こうした保険適用外の治療を受ける方が、長い目で見て間違いなく安上がりなのです。

ただし、それにはまとまったお金を用意する必要があります。そこで、経済的な余裕がある人なら迷う必要などない訳ですが、日々の生活に追われている人はそうも行かず、諦めるしかありません。というのが昔の考え方でした。でも、現代は違います。たとえ今、まとまったお金が用意出来なくても、少しずつ支払えるのならOK。クレジットカードでの支払いが可能な医療機関も増えて来ていますし、何より、歯科治療専用のデンタルローンで治療を受けられる歯科医院も沢山あります。つまり、銀行やクレジットカード会社、あるいは、信販会社から融資を受けて歯の治療が出来るという事です。

ではでは、歯の治療でお金を借りたいと思えば、どうすればいいのでしょうか? 方法は大きく分けて3つ。まず、最も手っ取り早いのがクレジットカードで決済し、リボ払いか分割払いでコツコツ支払う方法です。既存のカードを使うのなら、改めて申し込みをし、審査を受けるというプロセスは必要ありません。すぐにでも実行出来ます。

ですが、医療費の支払いは、あくまでもショッピング枠の利用となるため、その限度額が50万円程度では足りない事があります。さらに、歯科の支払をすると、それ以外に一切使う事が出来なくなる事もあって、特に通信費や公共料金の支払いに利用している人は、たちまち困るでしょう。そして何より、クレジットカードのリボ払いや分割払いは、思いのほか金利が高いのです。消費者金融に負けず劣らずの設定になっている事もあるので要注意。それならまだ、銀行や消費者金融のフリーローンを利用する方が、日々の生活や買い物に支障を来しにくいだけ、ましかも知れません。

しかも、消費者金融や銀行のカードローンなら、とにかく審査が早い。今や即日融資が基本ですから、思い立ったが吉日で、即実行に移せます。借入限度額もそれなりに高く、何とか賄えそうです。返済も、生活費を少々切り詰めれば、さほど難しくはないでしょう。

しかしながら、金利の面で最もお得なのが歯科治療専用のデンタルローンです。こちらは、発行されたカードでお金を引き出す訳でも、自分の口座にお金が振り込まれる訳でもありません。直接歯科医院やクリニックに治療のために必要な費用が振り込まれる立て替え方式で、正真正銘、それ以外には使えない事になります。はっきり言って、通院時の交通費の足しにすら出来ないのです。

その代わりに、そこまで使い道を徹底した目的ローンという事で、フリーローンよりずっと低金利。中には実質年率5%を切る商品もあって、クレジットカードの分割払いや銀行系カードローンの3分の1程度です。さらに、利用限度額も高く、最低でも300万。最高800万円なんていうのもあります。残念ながら、年収などの関係で、限度額一杯まで借入れ出来るとは限っていませんが、それでも、必要最低限の治療費はほぼ賄えるという人が圧倒的多数でしょう。

また、医療機関の方でも、これを使う事を前提に診察を受ける場合、個人の限度額に応じた治療法を検討してもらえます。という事で、歯の治療でお金を借りたいと思ったら、まず最初に考えるべき方法ではないでしょうか?

医療費控除の対象になるなど、歯の治療でお金を借りたい時に利用出来るデンタルローンのメリット


確かに、インプラントや歯科矯正は完全なる自費診療で、健康保険は使えません。とは言え、特にインプラントなどはれっきとした医療行為です。そのため、医療ローンやメディカルローンと呼ばれる医療費を支払うためのローンを利用する事が出来ます。

しかも、時に命を守る事にも役立つ医療費ローンは、使途明確な目的ローンである事もあって、フリーローンよりも低金利で融資を受けられるメリットを持っています。しかし、そんな従来の医療ローンより、さらに低金利なのが、歯科治療専用の「デンタルローン」です。

というのも、元々医療ローンというのは、保険適用外の高価な治療や薬を必要とする場合の助けとして出されたものでした。しかしながら、実際には、美容整形の現場でバンバン使われています。そのため、いささか贅沢を好む人が多数利用している事が考えられるのです。また、本来の目的で利用する人については、健康面での不安は否定出来ません。そこで、フリーローンほどではありませんが、目的ローンとしては、マイカーローンと同様、少々金利お高めの設定になっているのです。

けれど、歯の治療は違います。まず、普通に会社に行って仕事をしながら治療する事が可能で、その間も収入はあります。むしろ、肉体的負担の掛かるインプラントや矯正治療は、健康状態に問題があると出来ないため、その点は極めてローリスクになるのです。加えて、インプラントは入れ歯に代わる治療法で、長い目で見ると保険適用の歯を入れるより、断然お得。第二の永久歯とも言われるくらい、一生物になる歯です。それを考えると、決して贅沢歯垢だとは言えません。

という事で、医療ローン以上に低金利で高額の融資を受けられるという訳です。しかも、銀行系・信販会社系を問わず、デンタルローンは原則として、保証人も担保も必要ありません。各金融機関や金融会社の契約している保証会社が保証してくれる形になります。

ですが、デンタルローンを利用する最大のメリット、それは何と言っても医療費控除が受けられる事でしょう。前述の通り、インプラントや矯正治療はれっきとした医療行為ですから、医療費控除の対象となります。ただし、サラリーマンやOLの場合、大半の方は年に10万円を超える医療費を支払わない限り還付は受けられません。

つまり、健康保険で賄える程度の歯科治療費では届かない事もあるという事です。あるいは、インプラントや矯正をすれば、ほぼ100%、10万円以上になります。しかも、銀行や信販会社が立て替えたとは言え、一括で清算した事になるため、全額が医療費控除の対象となるのです。

それにより、支払った治療費が返って来る訳ではありませんが、所得税や住民税の控除が受けられます。結果、控除額には所得による差があるため、絶対とは言い切れませんが、多くの人は還付金が返って来るという訳です。という事で、この点でも、歯の治療でお金を借りたいと思うのは、決して悪い事ではないという事になります。

審査など、歯の治療でお金を借りたい時に利用出来るデンタルローンのデメリット


歯科での治療は医療控除の対象にはなりますが、高額療養費制度の対象にはなりません。また、今は入院しなくても保険金がもらえる時代ですが、流石にどこの医療保険でも、歯科への通院だけは除外となっています。だからこそ、上手に支払い、少しでも損をしないように考える必要があるのです。

という事で、それを考えた時、非常に利点が多いのがデンタルローン。確かにお金を借りる訳ですから、利息は付帯します。これは立派なデメリットです。しかし、その利息は医療費控除で補填されるので、丸々損する事にはなりません。むしろ、国民健康保険などで賄える範囲の治療に押さえ、ぎりぎりで控除対象にならない方がもったいないのではないでしょうか?

また、信販会社計のデンタルローンは、ほぼ全ての自由診療に対応していますが、通院に掛かる交通費は対象外です。ただ、医療費控除の申請には、交通費も盛り込む事が出来ます。なので、このデメリットも十分フォロー出来そうです。こうして見ると、メリットは大きく、デメリットは小さい。デンタルローンはそんな実に美味しい金融商品のように見えます。もちろん、それはその通りで、上手に利用出来ればどんな名医にも勝る救世主となってくれること間違いなしでしょう。

けれど、融資限度額は、借り入れする患者の年収や信用情報によって決まります。年収が少なかったり、カードローンなどによる既存の借入があると自己負担額全てを賄う事は難しいかも知れません。さらに、定職を持たない主婦や学生は利用出来ないところもあります。たとえ年金受給者で、毎月一定の収入があってもNGとされる事もあります。近ごろは、主婦や学生でも、パートやアルバイトをしていて少しでも収入があればOKというフリーローンも多いだけに、この点はシビアで、人によっては最大のデメリットであると言えるでしょう。

また、信販系のデンタルローンの場合、患者だけでなく、治療を受ける医療機関も加わった三者間契約となります。そのため、歯科医院やクリニックが事前に審査を受け、提携している会社のローンしか利用出来ません。さらに、歯科医院やクリニックを通して申し込み手続きをするため、審査結果が双方に通知されます。という事は、もし通らなかった場合、歯医者さんに知られてしまう訳で、信用問題に繋がる可能性も低くありません。少なくとも、その後気まずくなる事は十分考えられ、これも間違いなく大きなデメリットです。

しかしながら、デンタルローンを出しているのは消費者金融ではなく、銀行や信販会社である事を考えると、融資対象者については致し方のない条件だと言えそうです。そう、デンタルローンは消費者金融からお金を借りるのではなく、銀行や信販会社からお金を借りるもので、体裁も安心度も問題なし。この点もまた、大きなメリットです。

よって、親や配偶者が家族のために融資を受けられるものもありますし、連帯保証人を立てる事で専業主婦や学生の利用が可能となる事もあります。確かに、そうした柔軟性の高いローン商品は、どうしても高金利になってしまいがちですが、それでも、カードローンより金利の安いものが大半です。

また、医療機関で正式な申し込みをする前に、自宅のパソコンから仮申し込みをし、事前審査をうけられるところもあります。その場合は、本人に電話かメールで結果が通知されるだけにとどまりますので、その時点で治療方針の再検討を申し込めば、歯科との信頼関係に悪影響を与える心配はないでしょう。そしてもう一つ、銀行系のデンタルローンの場合は、医療機関の見積もりは必要なものの、契約には関与させず、申込者の口座に入金されます。つまり、お金を借りて治療する事自体を内緒にしておく事も可能なのです。

一方、信販系デンタルローンの場合だと、各HPで提携医療機関を調べる事が出来ますので、逆に希望のローンを使える歯科を選ぶのも一つの手です。特に掛かり付け医のいない方、今イチ信頼出来る歯医者さんが分からないという方には、一つの参考になるのではないでしょうか。

銀行や信販会社など、歯の治療でお金を借りたい時におすすめのデンタルローン7選


歯の治療でお金を借りたいと思えば、それなりのデメリットはあります。とは言え、デンタルローンの場合、それを回避する方法もあれこれありますから、とにかく自分に合った商品を選ぶ事が大切です。

という事で、最後にいろいろなデンタルローンをご紹介しておきましょう。

ジャックス『デントキュア』・・・信販系

対象者:満20歳以上:満65歳未満の安定かつ継続した収入のある人
対象となる歯科治療:インプラント・矯正歯科・審美歯科など、健康保険の適用外となる歯科治療費全般
最高限度額:500万円
年利:4.5%
返済回数:最長84回(7年)
貸付方法:立替払い方式
返済方法:口座引き落とし
事前審査:可能
必要書類:本人確認書類・収入証明書・提携医療機関発行の見積書
<備考>
安心の固定金利。
パート・アルバイト・年金受給者でも申し込み可能。
学生や主婦でも連帯保証人を立てれば利用可能。

セディナ『スマイルライン』・・・信販系(SMBCグループ)

対象者:満18歳以上・満70歳未満の安定かつ継続した収入のある人
対象となる歯科治療:インプラント・矯正歯科・審美歯科など、健康保険の適用外となる歯科治療費全般
最高限度額:300万円
年利:7.8%~11.8%
返済回数:最長60回(5年)
貸付方法:立替払い方式
返済方法:口座引き落とし
事前審査:不可
必要書類:本人確認書類・収入証明書・提携医療機関発行の見積書
<備考>
パート・アルバイト・年金受給者でも申し込み可能。
学生や主婦でも連帯保証人を立てれば利用可能。
家族による申し込み可能。

アプラス『デンタルローン』・・・信販会社系(新生銀行グループ)

対象者:満20歳以上・満65歳未満の安定かつ継続した収入のある人
対象となる歯科治療:インプラント・矯正歯科・審美歯科など、健康保険の適用外となる歯科治療費全般(ただし、一部対象外あり)
最高限度額:300万円
年利:7.2%~14.4%
返済回数:最大84回(7年)
貸付方法:立替払い方式
返済方法:口座引き落とし
事前審査:可能
必要書類:本人確認書類・収入証明書・提携医療機関発行の見積書
<備考>
Tポイントが貯まる(借入200円につき1ポイント)。
パート・アルバイト・年金受給者でも申し込み可能。

オリコ(オリエントコーポレーション)『デンタル安心サポート』・・・信販系

対象者:満18歳以上・満80歳未満の安定した収入のある人
対象となる歯科治療:インプラント・矯正歯科・審美歯科など、健康保険の適用外となる歯科治療費全般
最高限度額:300万円
年利:6.0%~13.2%
貸付方法:立替払い方式
返済回数:最長60回(5年)
返済方法:口座引き落とし
事前審査:不可
必要書類:本人確認書類・収入証明書・提携医療機関発行の見積書
<備考>
パート・アルバイト・年金受給者でも申し込み可能。
学生や主婦でも連帯保証人を立てれば利用可能。

スルガ銀行『リザーブドプランプラス』・・・銀行系

対象者:満20歳以上・満65歳未満の安定かつ継続した収入のある人
対象となる歯科治療:インプラント・矯正歯科・審美歯科など、健康保険の適用外となる歯科治療費全般
最高限度額:800万円
年利:2.5%~7.5%
返済回数:最長120回(10年)
貸付方法:直接ゆうし
返済方法:専用カードでのATM入金、もしくはスルガ銀行普通口座からの自動引き落とし
事前審査:可能
必要書類:本人確認書類・収入証明書・医療機関発行の見積書
<備考>
団体信用生命保険 ガン保障特約付き消費者信用団体生命保険付き。
パート・アルバイト・年金受給者でも申し込み可能。
専業主婦の場合は、配偶者の収入証明書で申し込み可能。
家族による申し込み可能。

イオン銀行『イオンアシスト・デンタルローン』・・・銀行系

対象者:満20歳以上・満60歳未満の安定かつ継続した収入のある人(年収200万円以上)
対象となる歯科治療:インプラント・矯正歯科・審美歯科など、健康保険の適用外となる歯科治療費全般
最高限度額:700万円
年利:3.8%~8.8%
貸付方式:直接ゆうし
返済回数:最長96回(8年)
返済方法:イオン銀行普通口座からの自動引き落とし
事前審査:不可
必要書類:本人確認書類・収入証明書・医療機関発行の見積書
<備考>
イオン銀行に普通預金口座を開設する事が必須。
パート・アルバイトでも申し込み可能。
学生・専業主婦は申し込み不可。
年金収入のみは申し込み不可。

千葉銀行『ちばぎんデンタルローン』・・・銀行系

対象者:満20歳以上・満65歳未満の安定かつ継続した収入のある人
対象となる歯科治療:インプラント・矯正歯科・審美歯科など、健康保険の適用外となる歯科治療費全般
最高限度額:500万円
年利:5.0%~5.2%(変動金利・保証料込)
返済回数:最長120回(10年)
貸付方法:直接ゆうし
返済方法:千葉銀行の普通預金口座引き落とし
事前審査:可能
必要書類:本人確認書類・収入証明書・医療機関発行の見積書
<備考>
居住地もしくは勤務先が千葉銀行の営業圏内である事。
家族による申し込み可能。
年金収入のみは申し込み不可。