年収300万でもデンタルローンを利用出来る? 銀行やローン会社の審査に通る?


歯科での治療は、虫歯や歯周病を治すといった事以外、殆ど健康保険が使えないと思っておいた方が無難でしょう。たとえ、インプラントや歯列矯正のような一見れっきとした歯の治療に見えるようなものでも保険対象外。100%自費診療となります。

そこで昨今、重宝されているのが『デンタルローン』の利用。家や車を買う時のように、銀行やローン会社でお金を借りて支払ったり、信販会社やクレジットカード会社に立替払いしてもらい、後から少しずつ返済して行くという方法です。

でも、ローンと名が付く以上、何だか敷居の高そうなイメージと持たれる方も多いはず。まず何より、年収300万程度のサラリーマンやOL、あるいは、フリーターの分際で利用出来るものなのかどうか? もちろん、申し込み自体は自由で、誰でも可能だとは思われますが、問題は審査に通るかどうかです。それを考えると、やはり躊躇してしまいますよねぇ。

しかし、今は年収300万のOLでも住宅ローンを組んでマンションを購入出来る時代です。事実、そうした独身女性向けのローン商品も多数売り出されています。しかも、保証会社が保証を買って出てくれるので、保証人不要。というような時代ですから、100万円前後のデンタルローンを組む事ぐらい、そう難しくないでしょう。

実際、そもそも、こうしたローン審査で最も重要視されるのは、年収でも、職業でもありません。ズバリ、返済能力です。つまり、金融機関にしても金融会社にしても、貸したお金がきちんと返ってくればそれでいいのです。ただし、ある程度の収入がなければ、返済してもらえる保証はありませんから、申し訳ありませんがお貸し出来ませんという事になります。そこで、まずは何をさておいても、年収と職業を調べる訳です。

ですが、年収300万という事は、単純計算で25万の月収がある事になります。まあ実際問題、家賃や家族の有無など、生活環境によって大きく異なりますが、月々1万や2万の返済なら何とかなると見ていいでしょう。さらに、契約社員やパート・アルバイトといった非正規雇用でも、それなりに安定した仕事と勤務時間がなければ得られない金額です。そこは真面目に頑張っている人と判断される可能性は大です。

とは言え、たとえ安定した仕事があって、ある程度の収入があっても、すでに消費者金融や銀行カードローンなどで借入があって、もっか返済中となると話は違って来ます。これ以上の支払いは厳しくなる可能性がありますから、ここはあえて拒否するのがお互いのためというものという判断もあるでしょう。さらに、過去に延滞を繰り返していたり、借金を踏み倒すなど、金融事故を起こしていれば信用なりません。そのため、審査落ちとなるのです。

という事で、年収300万でも、定職と定収入があれば、デンタルローンを利用して歯科治療を受ける事は出来ます。仮に既存の借入残高があっても、真面目に返済していて金融トラブルの履歴さえなければ、審査に通る確率は決して低くありません。事実、多くの金融機関や金融会社の出しているデンタルローンのような目的を定めたローンサービスの申込み条件は、年齢が満20歳以上・満65歳未満で、安定かつ継続した収入のある人です。その年収も、特に具体的な金額は明記されておらず、職業も特定されていません。それどころか、パート・アルバイトでも利用可能となっているところが沢山あります。

年収300万でデンタルローンの審査に通るための必要最低限の条件は本人確認書類を準備出来る事


たとえ年収300万円でも、パート・アルバイトでも、多くの銀行やローン会社でデンタルローンを組み、矯正歯科や審美歯科など、高度な歯科治療を受ける事が出来ます。もちろん、高級入れ歯の挿入やインプラント治療もOKです。

ただし、融資を受けるにあたっては、揃えなければならない必要最低限の書類があります。その一つが、住所・氏名・生年月日の明記された本人確認書類、いわゆる身分証明書なるものです。しかも、DVDやCDを借りるのではなく、多額のお金を借りるのです。学校や会社が発行する証明書では受け付けてもらえません。やはり官公庁の発行する公的証明書が必須となります。

という事で、もっとも確実なのが運転免許証なのですが、全ての人が自動車や二輪車の免許を持っている訳ではありませんから、ない場合にどうすればいいのかという事です。運転免許証の代替えとなる本人確認証として、まず真っ先に思い付くのが健康保険証。確かに、これなら多くの日本人が所持しています。しかも、勤務先の明記された社会保険なら、在籍証明にもなり、一石二鳥となりそうです。

事実、健康保険証を本人確認書類として認めている金融機関や金融会社は少なくありません。というより、ほぼ100%有効です。つまり、歯医者さんで治療費を支払う時には使えなくても、銀行やローン会社で歯の治療費を工面する時には使えるという訳です。

ただし、金融機関や金融会社によっては、補助書類を添付する事という条件を付けているところがあります。なぜなら、免許証のように写真が付いていないからです。さらに、扶養家族として保険加入していて、保険証記載の住所と現住所が異なる場合には、どこの銀行やローン会社でも、基本的に補助書類が求められます。

因みに、ここで言う補助書類とは、住民票や戸籍謄本など、融資の申込書に書いた現住所に居住している事を証明出来るものです。中には、光熱費やNHKの受診料など、公共料金の領収書でもOKというところもありますが、携帯電話の領収書はNGというところもありますので、少々要注意です。

なお、通称「マイナンバーカード」こと、「個人番号カード」も、顔写真付で、多くの金融機関や金融会社で通用する本人確認書類です。ただ、昔懐かしい住基カードこと、住民基本台帳カードについては、OKとしているところはありますが、すでに期限切れとなっているものも少なくありません。

さらに、写真付でないものはNGというところもありますので、こちらも要注意。申込前にインターネットで調べたり、電話で問い合わせるなどして、一度確認した方がいいでしょう。

年収300万でも収支の確認資料が準備出来れば好条件でデンタルローンが組めるかも知れません


銀行や信用金庫といった金融機関でも、信販会社や消費者金融といった金融会社でも、カードローンをはじめ、様々なローン商品を出しています。しかも、それら金融商品の案内には、利用者の年こそ詳細に指定していますが、所得については明記していません。つまり、年収が100万でも、200万でも、300万でも、利用出来る可能性はあるという事です。

とは言え、安定かつ継続した収入がある人というのが決まり文句のように書かれています。そこで、その安定かつ継続した収入がある事を証明する書類を提出する必要がある訳です。いわゆる収入証明書や所得証明書と呼ばれる確認資料で、源泉徴収票・住民税決定通知書・納税通知書・所得証明書などがそれに該当します。

中でも、最も有効なのが源泉徴収票。こちらは、雇用形態に関係なく、給与として会社から賃金を受け取った履歴があれば必ず発行されます。そこには、会社名もしっかり明記されていますので、特にパートやアルバイトの人には優位でしょう。たとえ正社員でなくても、安定した仕事のある事を容易に証明出来ます。

ただし、提出が求められる前年度の源泉徴収票の発行元と、現在の勤務先が違う場合は無効です。しかも、誤って提出してしまうと、離職や転職した事が判明し、勤続年数を重要視するところでは逆効果にもなりかねません。ですので、自宅に郵送されて来た住民税決定通知書があればそれを、なければ、所得証明書を出すようにしましょう。所得証明書は、前年度の4月1日に住民票のあった市区町村役場で簡単に発行してもらえます。元々源泉徴収票の出ない自営業の方も、これでOKです。

加えて、デンタルローンの場合は、歯の治療費として利用するお金を借りる訳ですから、それを証明する資金使途確認資料の提示を求められる事もあります。しかも、信販会社やカード会社のように、立て下位払い方式で融資する場合は、直接本人から申し込み受付しません。歯科を窓口として受け付けし、歯科の口座に直接治療費が入金されます。

そのため、事実上、自分と歯医者さんの両方がローン会社と契約する事になり、歯医者さんの信用も重要なのです。とは言え、歯科の方は予め審査を受け、提携医院や加盟歯科になっていますから、その点は心配ないでしょう。ただ、そういう歯科でないとデンタルローンを使って治療を受ける事が出来ないという事です。

一方、銀行や信金などの金融機関は、申込者の口座に入金しますから、歯科を指定する事はありません。ですが、資金使途確認資料として見積書の提示は求められます。本当のところ、それがなくても融資してくれる確率は高いのですが、それがないと、目的ローンとしての扱いが出来ず、フリーローンになってしまうため、金利が大幅に上がるのです。

ですので、デンタルローンを組む場合は、収入と使途という収支を証明する書類が必要だと思っておかれるといいでしょう。それが準備出来れば、年収300万でも好条件でデンタルローンを組める可能性は十分あります。

尚、いくら本人確認書類として健康保険証を出し、収入証明書として源泉徴収票を出しても、新規契約の場合、会社への在籍確認の電話は免れません。これは融資を受ける上での儀式みたいなものですから、深く気にせず、軽く受けるようにしたいものです。

年収300万でデンタルローンの審査に通るポイントは融資金額と金利


年収300万でデンタルローンの審査に通過するポイント、それは融資金額と金利です。

金融機関にしても、金融会社にしても、年収の3分の1を一つのボーダーラインとして融資可能額の上限を定め、その範囲に収まる額なら前向きに検討してくれます。しかし、もし、それ以上の借入を希望するのなら取り敢えずは却下。ただし、希望額を引き下げるのなら再検討しましょうといったところでしょうか。

ですので、年収300万円の場合は、100万円をマックスとし、それより少しでも安く収まるように治療計画を立てる事が重要になるのです。借入金額が少なければ少ないほど利息も少なく、月々の返済額も少なくなります。さらに、返済期間が短くなる確率も高く、返済が楽になるのは間違いありません。それこそが、返済能力をアピールする一番のポイントです。

加えて、少しでも楽に返済するためには、金利もしっかり比較検討する事が必須です。もちろん、最低金利で融資を受ける事が絶対条件ですが、それについては実のところ、審査結果次第という部分が大きいと言わざるを得ません。とは言え、どこで借り入れするかだけでなく、どのような金融商品を選ぶかによっても金利リスクは違って来ます。

やはり少しでも低金利でとなると、信販会社やローン会社より銀行や信用金庫でという事になるでしょう。しかしながら、必ずしも金融会社より金融機関の方が金利が低いとは限っていないのです。実際、実質年率5%を切る固定金利で利用出来るデンタルローンを出している大手信販会社もあります。

一方、銀行や信用金庫というのは、過去の取引状況が大きく物を言い、住宅ローンを組んでいれば金利優遇なんていうのは暗黙の内のルール。既存顧客にはサービス満点ですが、新規顧客には意外とシビアだったりもします。中には、当行に普通預金口座がなければNGなんていうところもあるくらい。

また、地銀や信金においては、当行の営業圏内に在住しているか、勤務している事という申込条件を付けているところが目立ちます。そうなると、普通預金の口座くらいは容易に開設出来たとしても、歯の治療費を借りるためにわざわざ引っ越しするという訳にもいかず、思いのほかハードルが高くなりそうです。

そして何より、きちんと使途証明をして目的型ローンに出来るか、フリーローンで融資を受けるか。これによって大きく変わり、後者の場合だと、たとえ銀行ローンでも、新規顧客だと実質年率10%優に上回る事は珍しくありません。

ただ、医療機関で、それも歯科医の書いた見積書をもらい、それを出してデンタルローンにすると、金利は下がり、10%未満になる可能性は高いでしょう。なぜなら、資金使途が明確な目的型ローンになるからです。

そもそも歯科治療費は、医療費の一種ですから、メディカルローンと呼ばれる目的型ローンの使途に該当します。このローンは、自由診療となる高度医療や健康保険で賄い切れない高額の医療費を用立てるもので、健康維持や増進を図る人間投資資金です。時に人の命を救う事もあるほどで、元々比較的低金利で融資されるべきものなのです。

たとえば、筑波銀行の出す「つくばメディカルローン」の場合だと、不妊治療やレイシック手術だけでなく、美容整形にも使える一般医療費プランで実質年率3.50%。陽子線治療や重粒子線治療など、最新のガン治療を受けられるがん先進医療費プランで実質年率3.00%。いずれも変動金利ですが、使途フリーのカードローンに比べ、10%以上も低金利です。

ただし、医療ローンの場合、本人の健康状態や経済状態を考えると、金融機関としては、決してリスクは低くありません。そこで、かなり審査が厳しいのが現実です。

けれど、歯科治療となると話は別で、経済状況はさておき、健康状態は特段、大きな不安要素のない人が圧倒的多数でしょう。という事で、筑波銀行でも、デンタルローンの方は実質年率5.0%と、メディカルローンより若干金利はお高めですが、その代わりに、若干審査緩めで融資しています。

ただし、筑波銀行は地方銀行ですから、茨城県民である事が絶対条件。他府県在住の場合は、全国対応の都市銀行か、地元の地銀や信金で類似の商品を探す事になります。恐らく、それ自体はそう難しくはありませんが、果たして、ここまで低金利で融資を受けられるかどうかは微妙です。

商品や条件によっては、信販会社やローン会社のメディカルローンやデンタルローンと名の付く商品を利用する方がお得かも知れないという事です。そして、その方が返済能力が高く評価され、審査に通る確率が上がる事もあります。

年収300万&既存の借入ありでデンタルローンの審査を受けるのなら、フリーローンを使って返済の一本化を考えるのもあり


テレビドラマを見ていると、医療の世界というのは、様々な思惑のもとに実に多くの人とお金が動いているように見えます。それがどこまで真実なのかはさておき、私たち患者側も、医療費というのはあれこれ考えて動かさなければなりません。たとえデンタルローンを組んで高価な歯科治療をするにしても、無駄なく仮、無駄なく返す事が大切でしょう。

さらに、すでに消費者金融や銀行カードローンで借り入れしていて残高が残っている場合、それも合算して融資希望額と返済額を検討する必要があります。借入額の目安は年収の3分の1、月々の返済額の目安は月収の10分の1程度が理想でしょうか。そこで、一つの方法として、これを機に、借金の一本化を考えるのもありです。

えっ、そんな事が出来るの?っと思われるかも知れませんが、これまでまじめに返済して来た人なら、おそらく、かなりの高確率で成功するものと思われます。ただし、この手を使う場合は、目的別ローンではなくフリーローンを申し込む必要があって、中々低金利でとはいきません。とは言え、それでも、個別に借入しているよりは月々の返済額が少なくなる事も多いに有り得ますので、一度計算してみる価値ありです。

ただ、この手を使う場合、銀行や消費者金融が謳う「おまとめローン」という言葉に惑わされない事がポイントです。実はこのおまとめローン、いくつかの種類があって、正真正銘の既存の借金返済にしか使えない商品も少なくありません。

にも拘わらず、「ちゅうぎんおまとめフリーローン」のように、いかにもフリーローンのような名前で売り出している商品もあるので気を付ける必要があります。○○ぎんフリーローンと呼ばれるような商品と、まとめフリーローンは明らかに違います。

「まとめ」の付かないフリーローンはその名の通り、借りたお金を何に使おうが契約者の自由という事で、申込時や融資後に資金使途確認資料提示は求めないものです。

ところが、「まとめ」と付けば、たとえ「フリー」が付いていても付いていなくても、申込時に対象ローンの残高証明が求められ、融資後には領収書や支払済み証明書、完済証明書などの提示が求められます。なぜなら、この手の商品は、いわゆる借換ローンとも言われるサービス商品で、借金完済のための資金を工面する目的型ローンだからです。

そのため、借入残高の総額イコール融資総額になります。仮に、A消費者金融に20万円、B信販会社に15万円、Cクレジットカード会社に15万円の負債が残っていたとすれば、その総額までは借入出来るのですが、それより多くは貸してくれません。ですので、債務整理だけを目的に融資を受けるのなら、これでOKなのですが、プラス歯の治療費が必要となると、別にデンタルローンを組まなければならず、全てにおいて実に非合理的です。

そこで、デンタルローンも含めて返済を一本化するためには、「楽天銀行スーパーローン」や「興銀フリーローン」のような完全使途フリーのローン商品を選ぶ必要があります。そして、既存の借入残高に歯科治療費を加算した総額、それを融資希望額として申し込むという訳です。

因みに、カードローンというのは、専用のローンカードがある商品、フリーローンというのは、専用のローンカードがない商品だと思っておられる方も多いようですが、これもまた大きな誤解。フリーローンでもカードが発行される事は珍しくありません。では、何が違うのか? それはズバリ、追加融資が簡単に受けられるかどうかです。

カードローンの場合は、借入限度額の範囲内であれば、自由にお金を借りたり返したり出来、普通預金口座に付帯しているキャッシュカードのような感覚で使っておられる人もいらっしゃるものと思われます。たとえば、借入限度額50万円の場合、それまでの引き出しが可能。仮に、20万円返済すれば、すぐにまた20万円までの借入が出来るようになる訳です。

ところが、フリーローンというのは、一度借りると、あとはひたすら返すのみ。たとえ20万円返済したからと言って、すぐにまた20万円の借入が出来る訳ではありません。どうしても追加融資を受けたい場合は、再度申し込んで、審査を受けてというプロセスが必要になります。ゆえに、安易に借金を増やし、ダラダラと永久に返済し続けるという事態を回避する事が出来るのです。

ですから、デンタルローンを組むのを機に借金の一本化をされるのであれば、カードローンではなく、完全使途自由なフリーローンを選ばれる事をお勧めします。