専業主婦が銀行や信販会社のデンタルローンを利用する事は出来るの?


インプラントや矯正といった健康保険の利かない歯科治療を受ける場合、何万・何十万、時に何百万という多額の治療費が掛かります。実際、歯科矯正では100万円が平均的な費用だと言われていますから、財布からクレジットカードをサッと取り出して、“一括払いで!”なんて言える人は、そうはいないでしょう。

それ以前に、歯医者さんでクレジットカードは使えないでしょうとおっしゃる方もおられるかと思いますが、その点は結構進化しています。今では、カード払いOKという歯科医院も少なくありません。ただ、クレカの場合、歯科治療費はショッピング枠を使う事になりますから、高額になるとまかない切れない事があります。さらに、たとえ支払えたとしても、限度額ぎりぎり一杯となるようでは、他の支払いに支障を来す事になるでしょう。

そこで、歯医者さんがおすすめしてくれるのがローンを組むという方法です。ローンと聞くと、住宅ローンや自動車ローンのように、何だかとてつもない大きな買い物をするイメージがあるかも知れませんが、実は病気治療や美容整形、そして、歯の治療といった身体のためにかかる多額の費用を用立てる事も可能なのです。中でも、歯の治療費専用として売り出されているのがデンタルローンで、複数の信販会社やカード会社が取り扱っています。また、インプラント治療や矯正治療を受けるためという目的を定める事で利用可能になる銀行ローンもあります。

ちなみに、健康保険の対象外となる高度なガン治療などの医療費を賄うのも医療ローンなら、美容整形の施術費用を賄うのも医療ローン。そして、デンタルローンも、広い意味では医療ローンに入ります。なぜなら、歯科治療は医療費控除の対象にもなっているれっきとした医療行為だからです。ただし、仕事や日常生活に多大なる支障を来す可能性の低い歯の治療だけに焦点を当てたデンタルローンは、医療ローンに比べ、金利が低めで、若干ながらも審査が緩和であると言えるでしょう。

ただ、問題は誰でもが利用出来るものではないという事です。必ずどこのローン商品にも申込出来る最低条件と言いますか、資格というのがあります。勿論、金融機関やローン会社によってその条件は異なる訳ですが、少なくとも満18歳以上、65歳未満で、安定かつ継続した収入がある事がボーダーラインだと言えるでしょう。そのため、無職無収入では話になりません。となると、専業主婦である私が利用出来るのかという問題が突きつけられる訳です。実際、専業主婦や年金受給者は申込不可としている銀行もあります。

しかしながら、主婦業はれっきとした仕事、それも、決して楽ではない仕事です。そこで、その報酬として、配偶者が得た収入の中から、いくらか自分自身のために使うお金をもらっているというのが一般的なスタイルでしょう。という事は、その報酬で返済出来れば一件落着で、この点は、多くの金融会社や金融機関が考慮しています。ただし、元となる配偶者の収入に、ローン返済出来るだけの余裕がなければなりません。そのため、配偶者の収入証明書の提示が必須で、プラス、連帯保証人を立てる事を条件としているところもあります。

加えて、審査基準は金融会社や金融機関ごとに微妙に異なり、方やOK、方やNGという事もしばしば。そのため、銀行が駄目でも信販会社なら通るという事もあれば、信販会社は駄目でも、銀行なら通るという事も十分有り得ます。ですので、不安な方は、2社くらい申し込みをし、どちらか通った方、あるいは、両方通れば、少しでも条件のいい方を利用するという手もあります。

正直、短期間に複数のローンを申し込むのは得策とは言えないのですが、銀行と信販会社という風に、同時に異なる業態に申し込みするのであれば、それほど支障は来さないものと思われます。とにもかくにも、専業主婦だからデンタルローンが使えないという事はありません。専業主婦でも契約出来るローン会社や銀行はありますから、まずはそれらを調べ、条件をしっかり比較する事が大切です。

専業主婦がデンタルローンの審査に通る確率を上げるには?


突然ですが、皆さんはカードローンとキャッシングの違いをご存じですか? クレジットカードでお金を借入するのがキャッシングで、専用のローンカードを使ってお金を借りたり返したりするのがカードローン。あるいは、消費者金融のカードでお金を借りるのがキャッシングで、銀行のカードでお金を借りるのがカードローンだと思っておられる方も多いようですが、どちらも少し違います。

確かに、クレジットカードの説明を読むと、現金を引き出す場合はキャッシングサービスと書かれていますし、大手消費者金融では、カードを使った個人向け融資をキャッシングサービスとアピールしていたりもします。それに対し、キャッシングと称した商品を取り扱っている銀行というのは殆ど見掛けません。彼らが出しているのは銀行カードローンばかりです。

しかしながら、現実はその多くがカードローンだと言っていいでしょう。なぜなら、キャッシングというのは一括で返済するのがお約束だからです。それに対し、ローンは分割返済を前提として契約します。つまり、たとえクレカでもローンカードでも、1万円借りて、すぐに1万円返しますという契約ならキャッシングになる訳です。

ですが、多くの人はもっと多額のお金を借り入れし、毎月少額ずつ返済しています。これはキャッシング契約ではなく、ローン契約になっているからこそ可能な事なのです。そして、デンタルローンはローン商品ですから、分割払いで返済するのが前提です。そこで、この特徴をしっかりと把握し、融資希望額や返済期間、返済方法を検討する事で、専業主婦でもローン審査を優位にする事が可能になるでしょう。

実際、限度額500万円だの、800万円だのというデンタルローンもありますが、そこまでの借入が出来る人はごく稀です。というのも、そもそも借入限度額というのは個人の収入や既存の債務によって異なり、どんなに優良な人でも、年収の3分の1を上限としているからです。つまり、500万円の融資を受けるには、最低でも1,500万円の年収が必要になる訳で、サラリーマンやOLには所詮、夢物語。通常、200万円から300万円が限度と見られます。

さらに、専業主婦については、目安となる個人収入がないため、金融機関や金融会社が一方的に限度枠を定めています。その額は銀行やローン会社、あるいは信販会社やカード会社によって異なりますが、消費者金融は0円。そう、借り入れ出来ないのです。

また、銀行やローン会社の場合だと、使途自由なフリーローンであれば、配偶者の収入に関係なく、30万から50万円といったところでしょうか。ただし、デンタルローンとなると、使途明確な目的ローンですから、見積もりを見ながら検討され、多少高額になっても通る確率は低くありません。とは言え、100万円が限度だと思っておくべきです。

実際問題、仮に100万円を実質年率8.0%で借り入れし、84回払いで返済するとしても、月々の返済額は15,000円を優に超えます。これが毎月毎年、7年間続く事を考えると、自分自身、これ以上は無理だと思われる方も多い事でしょう。当然、お金を貸す側も、それを察する訳です。そこで、少しでも借入額を減らし、返済期間を長くして月々の返済額を抑える事で審査に通る確率は上がります。とにかく希望融資額は押さえられるところまで抑え、返済期間は延ばせるところまで延ばす、これがポイントです。

専業主婦がデンタルローンを利用するには治療法の選択を誤らない事が大事


専業主婦が銀行やローン会社でお金を借りる場合、多額の申し込みをしない事が大切です。もし、希望融資額100万円とか200万円なんて言えば、たちまち審査落ちする事でしょう。

実際、クレジットカードでも、利用限度額50万円というのが標準ですし、銀行系カードローンでも、選択出来るのは30万円から50万円コースまでとなっています。逆に言えば、そのくらいなら、クレカのカード審査も、銀行のカードローン審査も通過出来るであろうという事です。

そして、デンタルローンでも同じ、希望融資額が少なければ少ないほど、審査は通りやすくなります。そこで、デンタルローンを使って歯科治療を受けようと思うのであれば、治療費が必要以上に高くならないように、それなりの治療法を検討する事も大事です。

今は歯科医療の世界もどんどん高度になり、多くの歯科医が巧みな技と器具を使いこなしています。たとえば矯正歯科治療では、歯の裏側に矯正器具を装着し、周囲に治療中である事を気付かれないようにするという事も可能です。しかも、この裏側矯正には、食べかすが挟まりにくい上、歯磨きがしやすい事もあって、虫歯になりにくい。さらに、奥歯をしっかり固定させて前歯を動かせるため、効果的な矯正が出来るといったメリットがあります。そこで、特に前歯が出て要る事がコンプレックスで歯科矯正をしたいと思っておられる方にはおすすめの治療方法です。

しかしながら、歯の裏側に器具を装着するという事は、舌との調和が難しく、食事や会話に支障を来す事もあります。そして何より、費用が高くなるのが最大のデメリット。そのため、デンタルローンを使って治療したいと思っておられる専業主婦には、今イチおすすめ出来ない治療法です。そこは少しでも安く収まるように、標準的な表側矯正を選択する方が賢明でしょう。

ちなみに、治療期間は表側矯正でも、裏側矯正でも大差はなく、平均4ヶ月から5ヶ月です。ただし、裏側矯正はまだまだテクニックを持つ歯科医が少ないため、導入している歯科病院が少ないという現実があります。つまり、自宅の近所になければ遠方まで通院しなければならず、そのための時間と費用もかかります。金融機関やローン会社によっては、その点まで検討するところもありますから要注意。

とにかく出来るだけ経済的な負担を軽くする方法を考える事で、審査を優位に進める事が出来ます。無駄遣いはしない節約上手の主婦という印象を与えるのも重要なポイントなのです。

専業主婦がデンタルローンを利用する場合、配偶者も審査の対象になるの? 職場に電話がかかったりする?


これは専業主婦に限った事ではありませんが、ローンを組むには必ず審査に通過する必要があります。そこで、そのローン審査の特質を把握しておく事が大切です。

特にデンタルローンにおいては、取り扱う金融会社や金融機関によって位置付けが異なり、それによって審査基準も異なります。たとえば、大手信販会社やクレジットカード会社が出す商品だと、自社が契約している提携歯科医院でなければ利用出来ません。それ以外の歯科病院で発行された見積もりでは端から受け付けてもらえない仕組みになっていたりもするのです。

また、事前審査と本審査の違いを知っておく事も重要でしょう。取り分け、パソコンやスマホから申し込む事前審査を通過すれば、もう融資決定と思われる方も少なくないようですが、これは大間違い。

確かに、住所・氏名・生年月日など、こちらの素性を明らかにした上で事前審査を受ける場合は、その段階で大まかな個人情報を得る事が出来ます。そこで、収入や勤務状況等の申告に嘘偽りがなければ、かなり信憑性の高い回答が得られる可能性は低くないものと思われます。しかしながら、個人が特定出来ないようなシステムで申し込んだ場合は、信用情報も何も調べられないのですから、あくまでも年収と借入希望額のバランスから検討した結果です。極端な話、既存の借金があっても、過去に金融事故を起こしていても、それなりの収入があって、その3分の1程度の希望額なら通るのです。

ところが、実際に申し込みすると、どこの誰だかがはっきりしますから、過去も現在も簡単に調べられます。しかも、専業主婦の場合、配偶者の年収を頼りに借入するのです。当然ですが、配偶者の勤務状況や経済状況等、個人情報もしっかり調べられ、検討されます。いくら自分はまじめでクリーンでも、配偶者がブラックリストに載っていればアウトです。そういう意味では辛い部分もありますが、いかんせん、自分自身に収入がないのですから、これはしかたがない事と諦めざるを得ないでしょう。

尚、配偶者が審査対象になる事は間違いありませんが、勤務先に在籍確認の電話がかかる事はめったにありません。専業主婦の場合、本人の所在を確認するため、自分名義の携帯電話か自宅の固定電話に連絡が入るのが一般的です。

専業主婦におすすめのデンタルローン


実際問題、専業主婦が利用出来るデンタルローンとなると、どうしても限られて来ます。特に銀行ローンは難しく、専業主婦は申込不可というところも少なくありません。その点、信販系やファイナンス系、あるいは、クレジットカード会社が出すデンタルローンは、連帯保証人を立てればOKというのが目立ちます。

中でも一番おすすめは、大手信販会社「ジャックス」の出す『デントキュア』。業界最低水準とも言える年利4.5%で、返済期間も最長7年84回ですから、頑張って家計をやりくりすれば、比較的無理なく返済して行けるでしょう。

専業主婦の場合、恐らくどこで申し込んでも、借入限度額に大差はありません。100万円が目一杯のところだろうと思われます。そうなると、やはり金利と返済期間が問題です。月々の返済額を少しでも減らし、家計への負担を軽くするには、少しでも低金利で且つ、返済回数を増やす必要があります。その2つの条件を見事に満たしているのがジャックスのデントキュアなのです。

ちなみに、クレジットカードでおなじみの「セディナ」が出す『スマイルライン』というのも中々人気のデンタルローンですが、こちらは実質年率が7.8%~11.8%、返済回数の上限が5年60回となっていて、月々の返済額が大幅に上がります。オリコこと「オリエントコーポレーション」の『デンタル安心サポート』というのもありますが、こちらも自室年率6.0%~13.2%、最長5年ですから、似たようなものでしょう。

ただし、これら金融会社のデンタルローンは全て立替払い方式と呼ばれるシステムで、借り入れしたお金は、歯医者さんの口座に直接振り込まれます。そのため、各社と提携している加盟医院でなければ利用出来ません。しかも、その加盟医院の情報をHPで公開しているのはジャックスだけなのです。その点でも、デントキュアが一番おすすめという訳です。

とは言え、そんなジャックスのデンタルローンが使える歯科医院がまだまだ少ないという現実があります。と言うより、こうした金融会社の提携医院となり、デンタルローンの利用を出来る歯科病院自体がまだそう多くないと言わざるを得ないでしょう。ですので、掛かり付けの歯科が該当しない場合や近くに条件を満たす歯科病院がない場合はしかたありません、銀行系のデンタルローンを検討するのが得策と言うか、それしか方法がないかと思われます。

ちなみに、銀行ローンはいずれも直接融資です。口座にお金が振り込まれるか、専用のローンカードを使ってATMから引き出すかで、とにかく、自分でお金を持って歯医者さんに支払いする形。お陰で、治療を担当する歯科医院は問われません。歯科医に治療方法やおおよその治療期間などを明記した見積書を作ってさえもらえれば、それを提示する事で目的ローン枠を使った融資が受けられるのです。

特にスルガ銀行のデンタルローンは、低金利の目的型カードローン『リザーブドプラス』をベースにしていますから、なかなかの好条件です。実質年率2.5%~7.5%、返済期間は最長10年120回で、住宅ローンと同じ団体信用保険が付帯しています。しかも、地方銀行でありながらも全国対応。来店不要の完全Web申し込みで、専業主婦でも配偶者の収入証明書を提示する事により利用出来ます。

ただ、実質年率2.5%での融資というのは、まずないでしょう。専業主婦の場合だと、かなりの高確率で最高の7.5%になる事が予測されます。そのため、先のジャックスを大幅に上回ってしまうのです。とは言え、銀行でローンを組むのであれば、間違いなくおすすめの商品です。と言うより、現実問題として、スルガ銀行以外を探すのは大変そうなのです。たとえば、イオンカードをお持ちで、イオン銀行と取引しておられる方も多いかと思いますが、残念ながらイオン銀行の『イオンアシスト・デンタルローン』は、専業主婦NGとなっています。

また、みずほ銀行の目的ローン利用もよくおすすめされますが、こちらは住宅ローンを組んでいれば確かにお得。金利が優遇され、好条件で借入出来ます。しかし、専業主婦が住宅ローンを組んでいるはずがなく、特別好条件でもないのにかなりハードルお高め、それがみずほ銀行カードローン審査です。