デンタルローンの審査に通らないのには原因があるはず


昔から、歯医者にはお金と時間がかかると言われてきました。実際、インプラントや矯正など、保険の利かない歯の治療は沢山あります。というより、歯科治療は大半が自由診療。特に審美治療としての要素を持つ歯列矯正は、どんなに頑張って交渉しても全額自己負担です。

さらにインプラントにおいても、多額の治療費用を出すのが嫌なら入れ歯にすればいいでしょうという事で、よほどの事がない限り保険治療は認められません。でも、現実問題として、歯並びの悪さや安価な入れ歯は、日常生活や健康維持に多大なる支障を来します。

出来れば矯正治療やインプラント治療を受けるのがおすすめ。という事で、デンタルローンを組んで少しずつ支払えばいいという歯科医院が増えつつあります。特に、信販会社やローン会社などと提携している医院では、事前審査から正式な申し込み手続きまで懇切丁寧にサポートしてくれる事でしょう。

また、患者側としても、歯科での治療費をローンを組んで用立てるというのは、決して悪い選択ではありません。今のご時世、お金を借りる方法はいくらでもあります。消費者金融の出すカードローンなどは、申し込めば1時間後にはまとまった現金を手に出来るというスピード対応。さらに、銀行カードローンやクレジットカードを使ったキャッシングというのもあります。

しかし、歯科治療費のみを対象とした目的ローンのデンタルローンは、使途自由なフリーローンに比べ、全体的に金利が低く、上限額についても、ある程度柔軟に対応してくれるという特徴を持っています。

従来からある医療ローンやメディカルローンと呼ばれる医療費に特化したローン商品の一種ではありますが、それらに比べても低金利。比較的審査も緩和されているように思うと言う人は少なくありません。とは言え、全ての人が通る訳ではなく、審査落ちする人が少なくないのもまた事実です。

しかも、自分は絶対に通ると思っていたのに通らなかった人もいれば、自分は絶対に通らないだろうと思っていたのに通ったという人もいます。まあ元々、ローンやクレジットカードの申し込みというのはそんなもので、恐らく100%確実に通ると決まっている人もいなければ、100%確実に落ちると決まっている人もいないでしょう。

ただし、審査に通ったのにも落ちたのにも、必ずそれなりの理由があります。さらにその理由は、単純に申し込んだタイミングが悪かっただけなんていう信じられないような原因もあったりもするので面白いと言えば面白いものです。

そこで今回は、自分は100%審査に通ると思っていたのに通らなかったといういくつかのケースを参考に、その原因と対処法を考えてみたいと思います。

デンタルローンの審査に通らないケース1、安定した収入はあったのに・・・


歯科矯正など、保険対象外となる歯の治療費は『デンタルローン』と呼ばれるローンを組む事で、毎月少額ずつ支払いする事が出来ます。

もちろん、お金を借りる訳ですから、金利は付帯しますが、それでも銀行や消費者金融のカードローンやクレジットカードのリボ払いに比べれば半分くらい。かなりお得な金融商品と言えます。担保や保証人も原則不要です。

そんなデンタルローンには大きく分けて2つ、信販会社やローン会社、あるいはカード会社といった民間の金融会社が出すショッピングローンと、銀行や信用金庫などの金融機関が出す目的別ローンとがあります。前者は“ショッピングクレジット”、後者は“目的型ローン”や“目的別ローン”などと称する金融会社や金融機関もありますが、いずれもシステムは同じです。

ショッピングローンやショッピングクレジットというのは、ディーラーで車を買う際に契約する自動車ローンや、家電量販店で冷蔵庫を買う際などに契約するローンの事。昔は月賦と呼ばれていましたが、今は分割払いと呼んでいます。店頭で申し込みするのが最もオーソドックスなパターンで、携帯電話を分割払いで購入するのなどは、ショッピングローンの代表的な利用例です。

それに対し、目的ローンは銀行で申し込む住宅ローンと似たようなものだと考えてもらえれば分かりやすいでしょう。ただ、審査基準には大差がなく、あっちが駄目ならこっちというように、すぐさま別のローン申し込みをするのは無駄な抵抗です。

それどころか、益々状況を悪化させるため、立て続けに複数のローンを申し込むという事は絶対にしてはいけません。もし審査に通らなかった場合は、その理由を定め、それなりの対処をした上で次なる手に打って出る事が大切です。

たとえば、収入面で引っかかった場合、急激に年収がアップしない限り、どこのローン審査も通りそうにない訳です。特に信販会社やローン会社の場合、消費者金融と同じように総量規制が適用されます。そのため、融資希望額が年収の3分の1以内に収まっていなければNGとなってしまうのです。

まあもっとも、歯の治療費は医療費控除が受けられるれっきとした医療費。という事は、デンタルローンは医療費をまかなうローン商品の一種という事で、厳密に言えば、総量規制からは除外されるべきものではあります。

しかしながら、それこそ命の危機を脱するための費用という訳でもありませんし、やはり返済ありきで考えるのが一般的。そこで、元々総量規制自体が適用されない銀行などの金融機関ですら、融資額の上限を年収の3分の1と定めて取り扱っているのが現状です。

ですので、インプラントや部分矯正のように、50万前後の歯科治療であれば、比較的多くの人がローン審査を通過出来るものと思われますが、全体的な歯列矯正の費用は100万円を超える事も珍しくないと言われています。そうなると、それだけのローンを組むには300万円以上の年収が必要となり、正直、若い人や勤続年数の浅い日とには厳しいかも知れません。

という事で、単に定職を持っていて、安定した収入があるというだけでは、矯正のような高額な歯科治療費をまかなうローンを組むのは、ちょいと難しい相談かも知れないという事です。そこで、こういうケースでは、まずは借入れ希望額を極力抑える事が必要不可欠になります。

では、借入金額を極力抑えるにはどうすればいいのかというと、方法は主に2つ。手持ちのお金で払えるだけ払い、残りをローンでまかなうか、借入れ限度額に見合う治療方法を考えるかです。

前者は住宅ローンの頭金と同じような形で、いくらかでも貯金があるのであれば、金利や返済の面でも間違いなく優位になります。もし、親に借りられるようであれば、借りるのも一つの手です。ただ、どうしても全額をデンタルローンでというのであれば、全体矯正を部分矯正にするなど、少しでも安価になる治療を歯科医と検討する必要があるでしょう。

デンタルローンの審査に通らないケース2、年収は足りているはずなのに・・・


とにかく、『デンタルローン』などの融資型金融商品を申し込む際、ある程度の年収がなければならないと思われがちです。確かにそれはその通りで、無職無収入では話になりません。

とは言え、年収については先のように借入れ希望額とのバランスが重要で、低所得者だから必ずしもNGという訳ではないのです。30万程度のインプラント費用なら、年収100万円のフリーターでも十分審査に通る可能性はあります。

ところが、自分としては身の丈に応じたローン申込という事で、年収の3分の1以内に収まるような融資希望額を提出したのに、審査に落ちたというケースも少なくありません。そして、その多くは、過去に金融事故を起こした事などない善良な人々。しかも、そこそこ年収もあると言いますからビックリです。

ただし、よくよく話を聞いてみると、カードローンやキャッシングを利用している、あるいは、住宅ローンと自動車ローンを抱えているといった、いわゆる多重債務者である事が分かります。そして、なるほど、これではという事になる訳です。

まあもっとも、今のご時世、殆どの人が複数の債務を抱えている状態で、まじめに返済さえしていれば咎められる事はありません。もちろん、誰に遠慮する必要もなければ、引け目を感じる必要もない訳です。

しかしながら、新規でローン契約をする場合には必ず問題視されるでしょう。そして、それら既存の借入残高も含め、年収の3分の1に上限額が定められてしまうのです。つまり、年収300万の人がすでに50万円の借金を抱えているとなると、100万円の矯正費用を借りいれするのは難しくなります。50万なら何とかといったところです。

ならば、この状況を打開するにはどうすればいいのかと言うと、やはり方法は融資希望額を下げるか、既存の負債額を減らすかの2つです。けれど、後者はかなり厳しいものと考えられます。

実際問題として、それだけの余裕があればそうしているとか、新たにデンタルローンを組まないといったところでしょう。ですので、少しでも早期にデンタルローンを組みたいと思うのであれば、さらに治療方法を検討する必要があるものと思われます。

ただ、矯正治療は虫歯治療や歯周病治療のように急を要するものではありません。ですので、1年なり2年なり先送りし、その間に頑張って少しでも既存の借入残高を減らすという選択肢があります。さらに、借金返済だけでなく、治療を先送りする事で少しでも頭金を貯める事も出来るかも知れません。

そうなると、これは先のような年収が不足している人にも有効的な策だと言えそうです。加えて、後にご紹介する申込ブラックも回避出来、信用情報もアップさせられますので、検討してみる価値ありなのではないでしょうか?

デンタルローンの審査に通らないケース3、審査基準は満たしているはずなのに・・・


『デンタルローン』の案内を見ていると、必ずと言っていいほど“満20歳以上の安定した収入のある方”と書かれています。そこで、これを一つの審査基準と捉え、これなら大丈夫と申し込まれる方がおられるのですが、そもそもそれが失敗の元。これはズバリ、申し込み資格だと捉えるべきでしょう。

そして、申し込み資格と審査基準は明らかに異なるものです。事実、その後をよく見ると、“当社指定の審査に通る方”とか、“当行指定の審査に通る方”などと明記されています。すなわち、この審査基準を満たしていなければデンタルローンは利用出来ないという訳です。

先にも書いたように、デンタルローンには大きく分けて2つ、ショッピングローンタイプと、目的ローンタイプとがあります。前者はクレジット払いに近いシステムで、予め歯科医院が提携している信販会社やローン会社で申し込みする事になる訳ですが、今は多くの金融会社が事前審査可能となりました。

そして、これに通れば大丈夫なんて言う人もいるようですが、これもまたとんでもない誤解です。そもそも事前審査なんていうものはなく、強いて言えば、単純に申し込み資格があるかないかだけを見るものにすぎないと言っていいでしょう。

そのため、確かにたいていの人は事前審査に通ります。ところが、その後に待つ仮審査で落ちる羽目になるのです。けれど、この仮審査に通れば、契約成立となる確率は一気にアップします。なぜなら、本審査はもはや、在籍確認さえ取れればOKという段階だからです。

ならば、仮審査ではどのような事が調べられるのかと言うと、これまた主に2つ。年収と個人信用情報です。そして、その審査基準の一つが借入れ希望額と年収や現状の債務とのバランスで、無理なく返済出来るだけの収入があればOKという訳です。

ただし、いくら高額所得者でも、信用情報に問題があればたちまちNGとなります。信用情報とは、信用情報機関に登録されている個人の申し込み情報・債務情報・事故情報・クレジットヒストリーという4つの情報です。

そう、個人信用情報機関で個人情報を照会すれば、既存の借金とその返済残高はすぐに明らかになってしまうのです。よって、その額が多ければ、新たな融資の額や可否に多大なる影響を与えます。

極端な話、住宅ローンがあって、自動車ローンがあって、クレカのキャッシングを利用していて、最新のスマホを分割払いで購入しているなんていう場合は、それぞれの支払い金額によっては通らない可能性もあるでしょう。

加えて、信用情報が照会されれば、それもまた情報として登録されます。そのため、いつ、どこのローンを申し込みし、結果がどうだったのかという事まで明確になってしまうのです。そして、その履歴は申込みから半年間残ります。それが申し込み情報です。

実はこの申し込み情報、これぞ信用情報の重要ポイントという事で、これがある事で要注意人物である事を悟れる訳です。そのため、業界では申込ブラックなどと呼ばれ、立派な審査落ち原因になります。ですので、一度こうしたローン審査に落ちた場合は、半年以上間合いを空けてから動く事が大切なのです。

時より、仮審査では個人信用情報まで調べられる事はなく、傷つく心配などないと言う人がいますが、それは上記の事前審査なんていう非公式な審査が横行しているからにほかならないでしょう。

確かに、インターネットなどで年齢や職業、年収など、簡単な質問に答えるだけで利用出来る可能性があるかないかを調べられるようなシステムは今、多くの金融会社が導入しています。いわゆるお試し申し込みというものです。

ただ、こうしたシステムは、本人確認書類や収入証明書の提示がないままコンピューターが判断するもので、極端な話、偽名でも可能な訳です。流石にこれでは個人信用情報機関に照会する事など出来ませんから、記録が残る心配もありません。

ただ、正式に申し込んでいないので、どんなに好成績を上げても契約成立に達する事はない訳です。まさしく、嘘偽りのない申告をしたのであれば、申し込み資格だけは得られるという形です。

という事で、正式に契約するためには、正式なローン審査を受け、パスする必要があります。その正式なローン審査が、年収と信用情報を調べる仮審査と、在籍確認によって社会的ポジションを確認する本審査に別れているという訳。

ですので、事前審査は信販会社やローン会社の十八番のようなところがありますが、仮審査は銀行や信金などの金融機関でも当たり前に行われます。そして、正式なローン審査にパスするためには、その審査基準を満たしている事が絶対条件で、単に申し込み資格があるというだけでは話にならないのです。

デンタルローンの審査に通らないケース4、信用情報には自信があったのに・・・


『デンタルローン』の審査が通らない二大原因は、やはり収入と信用情報でしょう。しかも、収入については自分でも厳しいと悟る事が容易で、端から諦める人も多いものと思われます。

また、信用情報も、過去に負債を放置した経験があったり、破産手続きをしていると危ないと言うのは誰もが知るところ。いわゆるブラックで、事故情報として信用情報機関に登録されています。ヤミ金以外は絶対に相手にしてくれません。

ところが、自分はカードも使っていなければ、ローンも組んでいないから絶対大丈夫と思い込んでいる人が、物の見事に審査落ちする事があります。実を言うと、この何も利用していないというのがくせ者で、返済能力を確認する目安がない事になってしまうのです。

逆に言えば、カードくらい使っていても全然大丈夫。過去2年間に一度も延滞せず、きちんと支払いしていれば、それが実績となって評価されます。それこそがクレジットヒストリーです。

さらに、その昔、負債を放置したり、自己破産した事があっても、一定期間が過ぎると時効となって、その情報が抹消されます。そう、ブラックがホワイトになるのです。ゆえに、端からホワイトの人も同類扱いとなり、敬遠されるという訳です。

という事で、信用情報については、ローンを申し込むタイミングが非常に重要になります。まず、正真正銘のホワイトだと自負する人は、先にクレジットカードを作り、公共料金や通信費などを支払うようにされるといいでしょう。だいたいカードの使用開始から3ヶ月くらいで俄然優位になります。

次に、一度審査に落ちた場合は、半年以上空け、その間に既存の借金があれば少しでも残高を減らしておく事。間もなく完済出来る予定のある人は、完済後に申し込みする方が断然優位です。他債務の問題と申込ブラックの問題を一気に解消出来ます。

そして、事故歴やクレジットヒストリーに難ありという人は、それらが抹消されるタイミングを見計らって再度挑戦してみましょう。大まかな目安としては、破産処理などの事故歴は5年から10年。カードの支払い延滞などは半年から1年です。

ただし、一日違いで大違い。もし履歴が抹消されていれば一発でクリア出来ますが、残っていれば申込ブラックも追加されます。そのため、しくじれば最低でも半年以上待たなければなりません。

しかも、何年の何月何日にそうした情報が消えるかは定かではなく、自分で調べる事は不可能です。とは言え、自分の信用情報は自分で調べる事が出来ます。つまり、こまめに状況をチェックする事で、一発で通る確率を上げられる訳です。

という事で、デンタルローンの審査に通らない場合はこうした事を踏まえ、今どうするべきかを冷静に検討される事が大事でしょう。そして、当分はどうしても利用出来そうにないとか、急を要するという場合は、独自の院内分割払い制度を設けている歯科医院に転院する方法も検討する価値ありかもです。