銀行のデンタルローンは目的ローン

銀行でお金を借りると言えば、代表的なものは住宅ローンです。
その他自動車ローン、教育ローンなどもありますが、最近はデンタルローンを取扱しているところが増えてきています。
デンタルですから、歯科治療のためのローンです。

保険適用外の治療をしたい

歯科治療は保険で治すことが多いですが、矯正歯科や審美歯科などは、保険適用外の治療になります。
詰め物でも、保険適用と保険適用外のものが選択できます。

保険適用外で代表的な歯科治療と言えば、最近ではインプラント治療でしょう。
1本30万円以上はかかってしまう、大変高額な治療になります。
それをデンタルローンで組めるのであれば、手持ちの資金で不安がある方もインプラントの治療をすることができます。
高額な治療が出てきて、それが口腔内にとっても、健康にも良いことですが、まだ手が届かない状態です。
デンタルローンの存在は、ローン支払い方法を可能にした画期的な商品です。

デンタルローンの審査

銀行の目的ローン審査と同じです。
特別厳しいものではないとされていますが、借りたい金額と収入の関係だけはどうしても問題になります。

年収3分の一の総量規制は対象外ですが、収入とその他借入がある場合は、全く借入がない方とある方では、審査の差は出てしまいます。
自動車ローンのような目的ローン同様に、返済期間と完済ができることが審査対象になります。
銀行によっての審査基準の差もあることでしょう。

目的ローンのメリット

審査が多少厳しくなってしまう理由は、金利の低さがあります。
キャッシングと比較をすると、決して高いとは言えない5~10%程度です。
高額な歯科治療費を出すのに、デンタルローンではなくフリーローンで対応しようかな?という方でも、デンタルローンの金利が低い場合が多いです。

審査基準が多少上がるのは、こうした低金利商品であることが大きなポイントになります。
住宅、自動車、教育というような目的があるローンは、銀行でも取扱をしやすく、金利も下げることができます。
フリーローンでも多額のキャッシングでの低金利はありますが、デンタルローンと迷っている方は、ぜひ比較をしてみてください。

通っている歯科医院で、信販会社との提携をしている場合があります。
支払いのことも含めて、銀行のデンタルローンの比較も良いでしょう。
提携している信販会社を絶対に使わなければならないと言われることもありますが、ここは要相談になります。

高い歯科医院費はデンタルローンでなんとかしたい

歯科治療では、自分で治療内容を選択することができます。
詰め物1つにしても、銀歯や金歯が多かったのですが、最近ではその材質にもランクがあります。
また、入れ歯ではなくインプラントの登場によって、ほぼ自分の歯としてものを食べられる喜びも味わう事ができます。

しかし、インプラントは高い。
また、歯並びの影響で体調不良を訴えている場合、矯正歯科治療をすることで、健康になる方もいます。
審美として歯科治療も。できますよ、という歯科医院に対して、費用が払うことができれば、どれもしたいことです。
上記の治療は、保険適用外であり、100%自費です。

高くても治療をしたい

そんな願いを叶えてくれるのが、デンタルローンです。
銀行では、デンタルローンとして、歯科治療代のためのローンを組むことができます。

例えば、3割負担の方が、歯科治療で支払うとします。
インプラントで保険が効くとしたら30万円だとすると、この場合は約10万円です。
しかし、保険適用外ですから、当然30万円を支払うことになります。
これが数本となると負担は大きいです。

銀行でまとめて支払う

デンタルローンは、歯科医院の治療計画書などであれば、借入ができ、それで歯科医院に支払います。
その後、銀行の返済になるのですが、歯科医院としては、すでに支払ってもらえることで、インプラントの治療ができます。

銀行へは、毎月決まった返済をしていくことになります。
これで高額とされるインプラントでも、治療を先にして後でゆっくりと支払う形になります。
銀行では、審査をした上で、目的ローンとしてのデンタルローンの契約です。

審査次第では借りれないことも

デンタルローンの審査では、普通のローン同様に収入と信用情報などで審査をします。
借りたい金額にもよるのですが、審査次第によって借入ができない場合もあります。

金融機関の審査内容は公表がないのですが、借りたい金額がNGなのか、ローンそのものが審査落ちなのかでも内容が変わります。
こればかりは申し込みをしてみないとわからないのですが、必ず借りられるという保証もないことは確かです。
ローン審査ということで言えば、キャッシングやフリーローンなどの審査に通らなかったという方は、デンタルローンの審査も難しいでしょう。

名称は多少違うのですが、審査の段階で言うと、お金を借りる行為ですから、ある程度の信用がないと借りられません。
また、申し込み出来ない対象もあり、“誰でも簡単にデンタルローンが組める”わけではないのです。

銀行のデンタルローンの審査は厳しい?

歯科治療費のためだけに使用ができるデンタルローン。
これは、自動車を購入するための自動車ローンと同じことです。
目的ローンとして、使いみちがはっきりとしている。
このことがフリーローンよりも金利が低いです。

そして、歯科矯正をしたい方の収入なども、そんなに低収入では考えないというのも。
これは審査過程でも憂慮される収入ですが、それだけではなく返済能力も大きく関係します。

銀行の目的ローンは平均的に低金利

キャッシング、銀行カードローン、フリーローンと目的ローンは違います。
◯◯使うお金と、目的がある。それだけでも、ローン契約の動機としては大きいです。

キャッシングの自由なお金ではない点においても、返済意識があるとみなされます。
ですから、キャッシングよりも低金利であり、利用しやすい間口は広いです。

返済能力は別問題

では、ローン審査対象と?というと、20歳以上で収入がある方です。
ここで、デンタルローンを使用したい方で、数万円の治療代をデンタルローンでなんとかしようという方は少ないでしょう。
数万円と言えば、保険適用で詰め物をいくつか行う程度、入れ歯の場合もあります(最近では若い方の入れ歯も多い)。
10,000円借りたいというのなら、審査も簡単かもしれません。

しかし、大方のデンタルローンの利用は、インプラント治療、矯正歯科治療など何十万円、何百万円という単位で借りたい方が多いです。
もちろん全て医療費控除になる治療ですが、保険適用外になっていることが多いです。
それで、デンタルローンの出番です。
その多額のお金を借りたいと言うのですから、審査も当然あります。

銀行の審査

キャッシングでも銀行の審査は消費者金融より厳しいと言います。
デンタルローンも同じで、あまり甘いものではないようです。
ローン会社でもデンタルローンはありますが、デンタルローンだから甘い審査。
ということは内容です。

矯正治療という目的があって借りたい、では金額と収入のバランスは?
信用情報では金融事故がない?ということをこまかく調べられます。
医療費が高くなってしまう、デンタルローンの審査が通らないとなると、治療開始はできません。
審査も時間がかかることがありますから、歯科医院での診断で必要とあればすぐに申し込みをしてみてください。
必ず、事前に相談をして勝手に申し込みしないことです。
歯科医院でも信販会社のデンタルローンの取扱をしている場合が多いです。
審査も問題ですが、金利差が低い方の利用はオススメです。

“J.score(ジェイスコア)”のキャッシングで借りたい

銀行にデンタルローンの申し込みをするときには、マイカーローンの乗りでどうぞ。
治療計画などを金融機関に提出すると、事前審査があり、本審査は保証会社が行います。
銀行だけではなく、保証会社のYESをもらうと、デンタルローン契約成立です。

ほしい金額は100万円

最近、カードローンサービスで“J.score(ジェイスコア)”の会社名なのかキャッシング名なのか、この言葉を聞いたことがあるでしょうか?
もし、デンタルローンの審査に通らない場合は、その分をカードローンで調達。
金利差がとてもあるカードローンでは、多額のキャッシングもできないし、高金利のキャッシングになってしまうことも多いです。

ところが“J.score(ジェイスコア)”を出したのは、人によってはデンタルローンよりも低い金利でキャッシングができる方もいます。
100万円なら、年収3分の一の総量規制範囲内で借りれる場合があります。
正式には、カードローンではないのですが、振込キャッシングとしては、“J.score(ジェイスコア)”だけは、オススメできる資金調達法と言えます。

誰でもというわけではない

“J.score(ジェイスコア)”はキャッシングですが、AI診断で審査結果が変わります。
1人1人に対しても限度額も金利も多様に判断をします。
それで、優良とされた方は、低金利のキャッシングが総量規制範囲内でできます。

審査手前のAI診断だけなら、簡単にできます。
AIスコア600点以上で、本審査に入る事ができます。

珍しいキャッシング

デンタルローンと天秤にかけて低金利の商品と言えば、そんなに書類は多くないです。
しかし、“J.score(ジェイスコア)”だけはオススメです。
銀行の商品ではないのですが、もともとはみずほ銀行が絡む会社です。

デンタルローンに匹敵する低金利のキャッシングができるかどうかについては、自身の審査次第です。
収入や信用情報などの審査は当然ありますし、在籍確認もあります。
AIが関係するのは、自身のパーソナルな部分です。
ゲーム感覚でできるものですが、収入がない、ブラックリストの場合は審査に通らないです。

デンタルローンの審査が通らないと

“J.score(ジェイスコア)”もNG?と口コミもありますが、正式にはみずほ銀行のキャッシングではないです。
関係していますが、みずほ銀行の審査基準とは違うでしょう。
キャッシングの内容は貸金業法範囲内ですから、絶対に借りられないということもないです。
うまく行けば低金利ですが、それも審査次第です。

デンタルローンとカードローン

歯科医院では、デンタルローンを信販会社などと契約している場合があります。
その信販会社では、歯科医院に直接支払いをすることで、請求が契約者に来ます。

最近では、36回まで手数料がナシ。
低金利のものもありますが、デンタルローン大手として全国の歯科医院に対応しているローン会社もあります。
だいたい5~10%程度の手数料になります。金額によって上下します。

銀行のデンタルローン

提携している信販会社では、申し込みが歯科医院で完了です。
そこから審査も融資も行うのですが、銀行のデンタルローンを利用するときには、自分で申し込みをして融資を受ける形になります。
もちろん治療計画などの提出で、利用目的が歯科治療費ということですが、金融機関としては、信用が第一です。
それを推し量るのが、審査であり申し込み情報や信用情報です。

歯科医院でのデンタルローンの方が楽ですが、手数料などはいろいろです。
銀行のデンタルローンもその金融機関によって、それぞれですから一概にはなんとも言えないです。

審査通過しなければ

要はここです。
信販会社も銀行もデンタルローンには審査があり、収入がないと借入ができないです。
これが最初の関門です。
次に信用情報などですが、金融事故があれば、デンタルローンは受ける事ができないです。

また、金融事故はないけれど、インプラント治療をしたいから500万円とか、少しだけ不足している20万円。
この希望金額によっても、審査の差は出ます。
共通している審査では、ともに時間がかかります。
それまでは、治療も開始できない。
デンタルローンを使おうと思っても、申し込みから審査、実際の融資までは、案外と時間がかかります。

少額なら

総量規制範囲内で借りたい。
特に10万円程度の資金、返済期間半年以内なら、高いとされるカードローンサービスでも金利差はないです。
6回の返済で4,000円程度の差です。

どうしてカードローン?4,000円の差は大きいと言われると仕方ないのですが、審査が早く、融資が簡単です。
カードローンであれば、簡単に引き出すことができ自由なお金です。
インプラント治療計画などもなく、自分の信用情報だけで簡単に申し込みができます。

ただし、10万円以上で返済期間が長くなると、低金利のデンタルローンとの返済額の差は広がってしまい、おすすめはできないです。
すぐに結果を知りたい、すぐに融資がほしい場合の少額資金のときだけの対応です。
全体的には、カードローンよりデンタルローンの方が低金利でお得です。