デンタルローンは必要なのか?

基本的に歯科医療は、保険内で行う事ができます。
虫歯や歯周病の治療ではなく、保険適用外の治療も少なくありません。
一般的には、インプラントがありますが、審美歯科の矯正歯科、ホワイトニングも保険適用外の治療です。

そして、最近はこの保険適用外の歯科医療を行う人が急増しています。
医療技術の発達もありますが、虫の治療と言っても種類は多様になっています。

問題はお金

保険適用と保険適用外の大きな違いは、治療費です。
審美歯科などはしたい方がしたらよいと言うのではなく、したいけれどお金が高いからできないという方も少なくないです。

そこで歯科医院としては、分割での治療ができるようにしていますが、もっと使いやすいようにと、デンタルローンが登場しています。
歯科医院での分割と言っても、回収ができない危機感があり、なかなか簡単に承諾できないことです。
しかし、デンタルローンの登場により、より審美歯科、保険適用外の治療を勧められるようになりました。

魅力的な保険適用外の治療内容

インプラントが代表的ですが、失った歯の変わりに入れ歯ではなく、土台から作り出すインプラント。
入れ歯のような取り外しをしないので、ほぼ自分の歯として付き合う事ができます。
メンテナンスは必要ですが、安心して食べ物を噛める。
入れ歯のような作り直しの心配もないです。

歯科矯正は、人によっては体調にも大きく関係するものです。
子供のうちに行う場合も少なくないのですが、大人になってからのかみ合わせが原因の病気もあります。
高い治療費用で病気を治すのではなく、歯科矯正をしただけで嘘みたく体調が良くなる方もいます。
また、歯並びがきれいになることで、印象も大きく変わります。
保険適用外とされる歯科治療は、いずれも魅力があるものばかりです。

デンタルローンとクレジット

同じ意味です。
インプラントなどは、30万円~の治療になりますし、歯科矯正も同じです。
クレジットで大きな買い物ができるというように、デンタルローンで保険適用外の治療を心配なく行うことができるというものです。
デンタルローンではなく、キャッシングで資金を作ったら?という提案もありますが、デンタルローンの方が低金利です。
その点でもクレジットと同じ考えです。

歯科治療現場でも便利な社会

高い治療費用だから諦めなければならない。
30万円もするインプラントは簡単にできるものではないです。

しかし、インプラントにすることで、口腔内の健康が保てる。
前と同じように食事が楽しめる、歯科矯正をすることで病気が良くなっていく。
そうした裏付けがあるのなら、デンタルローンのおかげで幸せになる方も多いです。
デンタルローンには審査がありますが、歯科医院からインプラントや歯科矯正のを勧められていて、審査に通るのであれば、治療は本格的に検討されることをオススメします。

デンタルローンの審査について

インプラントにしたいけれど、治療費が100万円と言われて歯科医院をあとにしている方もいます。
それなら入れ歯でいいやと思うところですが、保険適用外の治療の高さに辟易してしまうところです。

しかし、本来は入れ歯ではなくインプラントがよい。
そして、デンタルローンの利用で、100万円のインプラントも手にできるとしたら?
考え方も変わる方も多いでしょう。

支払えないことはないけれど

100万円までいかないインプラントもあり、30万円程度でできることもあります。

はっきり言って支払う事ができない金額ではないけれど、まとまった支払いはしたくない。
そんな方にデンタルローンでもインプラントローンとして、支払うことは提案します。
毎月少ない支払いで、今の自分の最適な治療であるインプラントを手に入れる事ができます。

デンタルローンのいろいろ

デンタルローンは歯科治療専用のローンです。
金利が最高でも10%程度であり、多く借入ができるのであれば、5%程度の金利になる場合もあり、今では種類もあります。
地銀、ネット銀行などの銀行のフリーローンとして、信販会社もデンタルローンとしての商品を出しています。

どうしても目がいくのは分割支払手数料ですが、いわゆる金利です。
これがローン会社によって違います。
そして、注目したいのが、手数料が3年間程度無料になる。
3年間無利息での、分割支払ができるデンタルローンもあることです。

歯科医院の対応

歯科医院では、保険適用外の治療費で提携信販会社が存在している場合もあります。
また、自由にどうぞと言えば、こちらで金融機関や信販会社で契約をしてもよいです。

このときに治療にかかる見積書等書類提出だけで、審査に入る事ができます。
ローン会社が決まっていないときには、すこしでも手数料が安いデンタルローンができます。

デンタルローンの審査

ローン審査に関しては、クレジットカードの審査に通る程度です。
20歳以上で一定収入があることが条件です。
信用情報の内容が重視されて、現在他の返済がどの提示なのか?金融事故はないか等の審査になります。
ブラックリストの審査通過は難しいでしょう。

銀行のデンタルローンの場合は、契約者本人だけではなく、家族の歯科治療もデンタルローンとして契約が可能です。
要するに、夫が妻のインプラントの治療代をデンタルローンで支払うということです。
これなら、専業主婦の妻でもデンタルローンでインプラント治療ができます。

返済回数、返済プラン等も提案されるのですが、審査通過がとにかく1番の気がかりです。
クレジットカードの使いまくっている。金融事故はないけれど、という方の審査通過も困難かも?

デンタルローンとデンタルクレジット

インプラントなとの歯科治療では、保険適用外で多額の治療費がかかることがあります。
義務ではなく、こんな治療もありますと言う紹介になるのですが、保険適用にならない点では、歯科医院としてもそんな勧め方しかできないです。

もし、支払いにお困りなら、デンタルローンやデンタルクレジットの方法もあります。
歯科医院で提携している信販会社が存在している場合、クレジットカードでの支払いOK等で、対応はさまざまです。
ところで、デンタルローンとデンタルクレジットは内容が少し違います。

デンタルローン

金融機関、信販会社からの借入で患者が歯科医院に支払いをします。
そして、借入には一定の金利が付き返済していく形です。

デンタルクレジット

金融機関や信販会社が立て替えして支払いを済まして、後で金融機関等に分割手数料等と一緒に返済をします。
似たような形ですが、歯科医院が直接金融機関との提携している場合では、手続き上でデンタルクレジットになります。
しかし、自由選択でローンを組めるのなら、デンタルローンでお金を用意して、患者が支払う形になります。

デンタルローンの方が自由

デンタルクレジットが歯科医院と提携している場合と考えてよいです。
ですから、すべて手続きを歯科医院で済ます事ができます。
インプラント治療に力を入れている歯科医院では、最近では民間のデンタルローンの受付をしているところが多いです。

◯◯のデンタルローンを使ってくださいとの言い方ですが、自分で金融機関湯信販会社でのデンタルローンを使う場合は、自分で手続きを必要とします。
その場合は、歯科医院に提出書類を作成してもらったり、治療計画等の証拠が必要です。

デンタルローンの審査に通らない

デンタルクレジットもデンタルローンも審査があります。
歯科医院で提携しているデンタルローンは、審査に通らないと、自分でお金を作ることになります。
それは、デンタルローンの方法もありますが、人によっては普通のキャッシングでなければならない場合もあります。

デンタルローンの審査は、普通のキャッシングより厳しいとされています。
それは、金利が低いこともあり、分割支払手数料が低いからです。
ブラックリストだったり、現在収入の割に返済しなければならない借金が多い方の場合、デンタルローンが使えない場合もあります。
歯科医院としても、その審査通過ができないと、治療も始められない事になります。
インプラントの治療代は、30万円以上はかかり、メンテナンス等もすべて保険適用外になります。

デンタルローンのメリット

デンタルローンのメリットは、金利が低めに設定されていることです。
それだけでないのです。

インプラントだけではない

保険適用外の歯科治療はいろいろあります。
口腔内の健康のために、保険適用内のブリッジや入れ歯だけではなく、高品質のものを使いたい。
インプラントにしても、最近では100万円以上のものも少なくないです。
よい環境の口腔内にためには、高い治療代が必要とします。

デンタルローンがあれば、低金利の借入で願いがかないます。
特に、総入れ歯は健康に直結することで、インプラントにすることで安定感が出て、健康にも良い影響があります。

時期の問題

インプラントにしたい、今すぐ。
資金がないから始められない。お金が貯まったらインプラントにする。
そんな遊著なことを言っていられない場合、今すぐ支払えないときでも、デンタルローンの利用で治療開始ができます。
今に間に合うインプラント治療ができるのは、デンタルローンの存在が大きいです。

総量規制対象外

デンタルローンは、高額な利用限度額です。
歯科治療専用ローンとしては、500万円以上の限度額がある場合も。

気になるのが総量規制です。
デンタルローンは総量規制対象外で、自動車ローンと同じ考え方で利用ができます。
収入と返済負担は当然加味されるのですが、キャッシングのように年収3分の一の限度にとらわれることはないです。
低金利ですし、返済期間が長いのも特徴です。
金利の低いものであれば、安心して返済もできます。
とりあえず、一定の収入があれば、審査対象になるので、検討してみてください。

フリーローンではない

デンタルローンは歯科治療専用ローンです。
目的がはっきりしていて、限度額も高いです。
金利、分割手数料は抑えられてます。

スマイルラインなどでは、支払い回数36回までは手数料無料、金利ゼロのデンタルローンも登場しています。
歯科医院の負担になるのですが、高額なインプラント等の普及のためだったり、歯科医院にとってもマイナス要因としては小さい内容です。
インプラントの患者が多く受診することの方がメリットはあります。
良心的に、手数料が少ないデンタルローンを採用しているところほど、インプラント等の保険適用外の治療では人気があります。

インプラントは諦めないで

今は高額治療のインプラントで、デンタルローンがあるおかげで、すぐにでも治療開始ができる方が多くなっています。
どうしても資金が不足している場合は、遠慮なく歯科医院に相談をしてください。
提携信販会社がない場合は、金融機関のデンタルローンもあります。
地銀などでも低金利、ネット銀行などでも人気商品があります。

デンタルローンのでメリットは?

デンタルローンでインプラントにする。
イメージとしては、自動車ローンです。
高価な保険適用外のインプラントの治療代は、すぐに支払えない。
キャッシングで高金利で資金調達ではなく、デンタルローンにすることで、キャッシングよりずっと低金利で高額な借入ができます。
自動車ローンよりも高い治療代になる方もいますが、インプラントはまだまだ高い歯科治療です。

ところが、このデンタルローンも誰でもできるものではないです。
自動車ローンもそうですが、審査対象になるには条件が必要です。

審査がある

審査基準としては、自動車ローンなどの目的ローンと同様です。
借り入れしたい金額にもよりますが、大原則としては収入がある方です。
専業主婦や無職の方の審査では、インプラントそのものの治療代のデンタルローンの契約はできません。

また、いわゆるブラックリストになっているとか、キャッシングも多くしている等返済能力で不安を抱えている方も借りれる保証は小さいです。
ただし、専業主婦や学生で歯科矯正をしたい方等は、夫や親が保証人になることで、デンタルローンの契約ができる場合もあります。
この場合は、保証人の信用情報の確認と収入がなければならないのですが。

金利がある

分割手数料の形で金利は当然です。
せいぜい10%程度ですが、高額デンタルローンで返済期間が長期化するほど返済額の負担は大きいです、
キャッシングほどの負担は少ないですが、それでも金利がゼロのところはないです。

ただし、36回まで手数料なしで利用できるデンタルローンもあります。
歯科医院でスマイルラインと提携している場合、最初の36回は手数料がなしです。
こうした信販会社との提携があるのなら、金利負担を小さくすることかできます。

提携している信販会社がある場合

自分で資金調達ができない場合は、歯科医院で提携している信販会社でしか契約ができないです。
他に審査が甘いところがある、金利も低いところがあるとしても、提携信販会社を使ってくださいとなります。
デンタルローンの選択ができない場合は、従うしかないのもデメリットの一つです。

最近、登場しているデンタルローンではお得な内容も多いですが、自分で契約をして、資金調達のフリーローン等の利用もあります。
ただしフリーローンの金利は金融機関によってさまざまですが、資金調達法はいろいろと検討してみてください。

ときには、100万円以上の治療代請求もあります。
それでもデンタルローンの利用で返済負担を小さくしたいのなら、低金利が良く、歯科医院でスマイルライン等のデンタルローンを採用していると嬉しいのですが。